スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
びわ創の \*大縁日*/(2013年おひなまつりの日に)
 
 
[2013/02/27 21:19]
 
 
今度の日曜日、こんなイベントあります。
ただ楽しみに行くのもよし、新たなつながりも生まれるかも。
ぜひお運びください♪


公式ホームページはこちら


----------以下転載------

大縁日


~びわ湖にふった雨はおおさか湾にそそぎ、でんきはわかさ湾からながれている~

びわ創の
\*大縁日*/
(2013年おひなまつりの日に)

いのちのつながり
門前のにぎわい
飛び地の入会地(いりあいち)

とき 2013年3月3日(日)10じ~16じ
ところ 應典院(おうてんいん)~呼吸するお寺~
     (大阪市天王寺区下寺町1-1-27)
入場無料


●にぎわい市 10じ~14じ半
滋賀・京都・大阪から個性的なお店やブースが並びます
美味しいものや、かわいいもの、すごいもの、すてきなこと・・・勢ぞろい♪

●もちつき お昼ごろ
みんなでもちつきしよう。つきたておもちをちぎって丸めて、食べよう。

●絵とき 11じ半ごろ~/13じ半ごろ~(2回)
湖と里と山がつながった湖国の暮らしを、語り部たちが絵図をとおして語ります。
(滋賀県大津市南比良および米原市上丹生より絵図と語り部がまいります)

●手前味噌づくりワークショップ 10じ半~/13じ~(定員:各回七名)
<参加費千円(材料費込み)出来上がり1キロ>
お味噌ってつくったことありますか?
手前味噌を一緒につくりましょう。
(企画)千の雫プロジェクト

※事前予約可能です。当日、空きがあれば参加できます。

●からだとこころでつながる(ボディワーク)10じ半~11じ半ごろ
からだをほぐし、心を解きほぐす。からだ、こころから、心地よいつながりへ。
(講師)森裕子・ダンサー/一般社団法人ダンスアンドエンヴァイロメント


●つながりを「本棚」に表現する
ご来場者のみなさん、ぜひ、みなさんが暮らす地域に関するローカルな「本」(書籍)を1冊お持ち寄りください(寄贈ください)。大縁日に集う方々のつながりが「本棚」に表現されます。
(連携)ISまちライブラリー

(協力)住みよいまち&絆研究所


●リレートーク
滋賀の農山村の暮らしから、京都、大阪のまちなかの暮らしまで。たがいを知り合い、つながるための語り合い
(聞き手)上田洋平/びわ創・代表
http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0008674
http://www.library.higashiomi.shiga.jp/jimoto/kouza/kouza1_01.html

●子どもスペース(休憩所)あります
子ども連れでの来場大歓迎♪休憩所あります。
関西での「保養プログラム」の活動紹介も行います。
「たまつくりKafe」による出張☆手芸部もあります。
(協力)
たまつくりKafe

夏休みショートステイIN信楽/なちゅらる・まま

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ

ほか

●総踊り
縁日の最後は、みんなでにぎやかに踊りましょう。

  *  *  *

◇◇◇
会場までのアクセス
應典院(おうてんいん)

所在地:大阪市天王寺区下寺町1-1-27浄土宗大蓮寺塔頭 應典院
◎地下鉄堺筋線「日本橋駅」/近鉄線「日本橋駅」8番出口より東へ徒歩7分
◎地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」/近鉄線「近鉄上本町駅」3番出口より西へ徒歩8分
駐車場はございません。公共交通機関でのご来場をおすすめします。
お車でお越しの際は、近隣の民間駐車場をご利用ください。
Googleマップ


◇◇◇
お問い合わせ先:
木野環境
TEL: 075-708-8061   FAX:075-708-8062 Eメールoubo★kino-eco.or.jp ★印を@に替えてください。

◇◇◇
主催:びわ湖・流域暮らしとなりわい創造会議
http://biwaso.shiga-saku.net/
http://www.facebook.com/biwa.create
[平成24年度・滋賀県新しい公共の場づくりのためのモデル事業]

◇◇◇
協力:ISまちライブラリー、愛のまちエコ倶楽部、碧いびわ湖、應典院、おかとん、上丹生プロジェクトK、上山田どっぽ村、木野環境、滋賀移住・交流促進協議会、住みよいまち&絆研究所、千の雫プロジェクト、たまつくりKafe、ダンスアンドエンヴァイロメント、トランジションタウン大阪、なちゅらる・まま、春風、『南比良ふるさと絵屏風づくりの会』、モモの家

  *  *  *

●びわ創とは?
上田洋平(びわ湖・流域暮らしとなりわい創造会議代表)
かつて「琵琶総(琵琶湖総合開発)」という巨大な国家プロジェクトがありました。日本がグローバルな経済・文明的発展に向けて邁進する中で、京阪神の水の需要に応えるため、琵琶湖を巨大ダム化する事業でした。お陰で滋賀には道がつき下水もできてずいぶん便利になりました。けれどそうして経済・文明の巨大なめぐみに浴することが、一方で琵琶湖をはじめ自然を傷つけ、水源を守り続ける地域の疲弊を招いてしまった。滋賀だけでない、大都市でだっていろんな矛盾が見えてきた。経済・文明成長の優先路線も、そろそろ変更するべきときが来ています。そこでまずはおなじ母なる琵琶湖の水を分け合い生命・文化を共有しあう人と人、地域と地域が知恵と力を出し合って、琵琶湖流域のローカルな、またはインターローカルな連帯の中から新たな暮らしとなりわいを創造しようと立ち上げたのが、新世紀の「ビワソウ」すなわち「琵琶湖・流域暮らしとなりわい創造会議(びわ創)」です。


●飛び地の入会地(いりあいち)
山口洋典(應典院寺町倶楽部事務局長)
中学校のときだったでしょうか、社会科の「地理」で「飛び地」という言葉に出会いました。徐々に恋愛話も友人どうしでし始めた頃で「離れていても、心は一つ」といった恋人どうしの物語みたいだ、と感じました。その後、時を経て、内モンゴルの沙漠緑化のプロジェクトに携わる中で、問題解決には過放牧を止めることが重要と知りました。そして、互いに役割を担う上でのルールこそ「入り会い」だと教わりました。
このたび、「呼吸するお寺」と掲げる應典院にて、地域を越えてつながりの物語が紡がれる場が生まれることを大変楽しみにしています。インターネットにより、物理的な制約を超えて「つながり」が育まれる今、あらためて各々の「ホーム」を大事に「アウェイ」を思う、そんな節度ある越境人としての知恵とネットワークを深める機会になることを願っています。


●本事業は、滋賀県との協働事業です
[平成24年度・滋賀県新しい公共の場づくりのためのモデル事業(担当:自治振興課)]
過疎や高齢化が進む地域ににぎわいを呼び戻し、地域コミュニティの再構築や地域の活性化を図るため、①都市住民と(滋賀県内)地域住民との交流を深める機会の創出
②都市部とのネットワークづくりとして、事業を実施しております。

  *  *  *












 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「原発事故子ども被災者支援法」の具体的施策を求める院内集会
 
 
[2013/02/22 21:26]
 
 
「原発事故子ども被災者支援法」の具体的施策を求める院内集会
に参加してきました。@参議院議員会館

集会の様子はこちらから確認できます。
     ↓
http://www.ustream.tv/recorded/29419987



6月には衆参両議院を全会一致で可決されていたこの法案ですが、

行政側が基本方針を決める段階にきて動きが本当に遅い。おそすぎる!!

昨日は東日本の各地から西日本に避難したお母さん達が自分たちの声を法律に反映させてほしい!!
と立ち上がり、行政側の担当者を引っ張りだして直接想いを届けるために開かれた集会です。

医師、弁護士も参加して質問していました。

福島で定期的に健康診断を行われている山田医師は
医師として福島の子どもたちの健康の事を質問されていました。

●外部被爆対策は十分か??
   環境省「しっかりと除染に取り組んで空間線量を下げる事が重要」

●甲状腺ガンが3人、7人に疑い。この7人はほぼ黒である(山田医師の見解)
 ぜんそく、肥満、視覚障害を訴える人も増えている。福一事故との因果関係は??
   環境省「今は因果関係がいえない。因果関係は将来的に検証されるもの」
      「ガラスバッジをつけて被爆量を管理している」

といった答弁でした。

因果関係は将来的に検証される??

子どもたちは実験道具ですか?

検証されてから対策を立てても遅いんだよ!!


さらに、参加者からの切実なお願い・質問に対し、「自分は担当が違うからわからない」と答える役人も多かったです。

自分が答えるのは嫌とばかりにみんな目を逸らす。我関せずな態度。



ニュースなんかでは見た事ありましたが、まさに「ザ・お役所仕事」

誠実さや国民と向き合おうとする姿は自ずと態度や言葉の端々に現れるものですよね。

昨日は16人の官僚が出席していたのですが、かろうじてそれを少し感じられたのは

1人

たった1人だけでした。

こんなに誠意のない対応によって子どもたちが危険にさらされていることに強く憤りを感じました。

昨日の集会の主催団体「内部被曝から子どもを守る会」では避難者の手記を発売しています。
http://kodomo-mamoru.net/index.html
興味があるかたはこちらからお問い合わせください。
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかとん通信3ができました!
 
 
[2013/01/23 16:20]
 
 
印刷用はこちらからダウンロード

サイズはB4です。裏表印刷して半分に折ってください♪




おかとん通信3表

おかとん通信3裏






 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかとん 女子のおしゃべりデモ​♡第三回 またまた変更、すいま​せん(>_<) 1/26(土)若者デモに合流します
 
 
[2013/01/19 16:05]
 
 


三回連続で企画していた
女子のおしゃべりデモ第三回目、
2/2(土)と告知していました。


残念ながら、大阪市でのがれき焼却が
2/1から始まると決定されました。
土曜日のデモとなると、子連れ参加ということになりますので、
焼却最中の市内でのデモは、中止することにしました。
予定空けてくださってた方、すいません。



ただし、おかとんデモ、
1/26の若者たちのデモに合流することになりました。
来週土曜日はみなさんデモへ!!
企画していた風船ビラも26日に実行しますので、
ふくらませたり配ったり、お手伝いお願いしま~す。





~~以下案内~~


大大大結集!!!!!!

One Love Peace Parade
~ガレキを燃やさず 愛を燃やそう~



日時:1月26日(土)14時出発!(13時集合)
場所:西梅田公園→大阪市役所→心斎橋→難波→元町中公園


2月から大阪で放射能汚染震災ガレキの焼却が始まります。
大阪市は、市民や近隣地域住民への十分な説明もないまま、
説明会という名の、住民の意見そっちのけの一方的な報告会の開催のみで
反対意見を押しのけて、強行焼却を行います。
「危険性」「処理効率」「経済性(コスト)」など
すべての要素を考えても、現地(あるいは、人の住めない地域)での
埋め立てよりも支持できるものは
何一つありません。


”これまで活動してきた人・団体”

”活動していなくても、命や健康・土地や自然を守りたいと思っている人”

今こそ、みんなの力を総結集して、
「放射能汚染ガレキの拡散・受け入れ」「被災地復興の妨げ」
に対してどれだけの人たちが反対しているか、
そして、テレビに報道されてこなかった民意がどのようなものなのか
世間に知らしめましょう!!!!


焼却までもう時間がありません!
安全な土地、環境そして命を守る最後のチャンスです!
参加よろしくお願いします!!


*後援*


脱☆ヒバクの会
 

おかんとおとんの原発いらん宣言2011
 

ベジタブルキャラバン(動画)

若者会議
 

モモの家
 

放射能防除プロジェクト近畿
 

国境なきナベ団 Osaka


Daggry  

・がむしゃら☆ボーイズ







 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
舞洲焼却場でがれき焼却本当に大丈夫?のチラシ作りました。
 
 
[2013/01/16 09:32]
 
 
大阪市舞洲焼却場でのがれき焼却が2月に迫っています。

そこで、1/26のデモ用にこんなチラシを作ってみました。
このチラシは「くまの虹のわ」さんが
三重県熊野市でのがれき受け入れ反対のチラシを
許可を得て大阪版に改造させていただきました。


ハートの風船に付けて沿道で配ります♪

どうぞご自由にお使いください。


印刷用はこちら


がれきチラシ表
がれきチラシ裏







 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。