スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記 その③
 
 
[2011/07/26 00:44]
 
 

カボチャ_s
            
(絵:となりのおばちゃん)



〜大阪のばあちゃん〜



3ヶ月頃まではな、
あんたがあまりにも泣いて泣いて、
泣きやめへんから、
おかんはなんで泣きやめへんのかと,
めちゃ悩んだんやで。
それで、
大阪のばあちゃんに相談したんや。
大阪のばあちゃんな、
「もしかしておっぱいが足りてへんのちゃうか。」
って言うた。
だから、
おかんはあんたの体重が増えてるか
定期的に測っては気をもんだも
んや。
でも、久しぶりに大阪のばあちゃんに会ったとき、

ばあちゃんがあんたを見て叫んだんや。
「おっぱいは足りてるみたいやな~。」
あんたが、
あまりにもぶくぶくに太ってたもんで
ビックリしたんやて。
泣き続けてた理由は他のところにあったみたいで、
おかんのおっぱいは問題なく足りてた。
それで、半年になるまでは、おっぱいだけであんたは育った。
道ゆく人によく
「立派な赤ちゃんやな~。」
「固太りやね~。」

ってほめられたんやで。

半年を過ぎた、4月1日から離乳食を始めた。
初めて食べたのは、
大阪のばあちゃんが作った
無農薬のさつまいもとハネのかぼちゃ。
少し前に収穫したやつ。
さつまいもは、収穫してから少し置いといたらな、
水分が飛んで甘くなるから美味しいねん。
あんたは、おっぱい以外のモノを初めて口にした。
最初の一口はビックリした顔してた。
でも、持ち前のその食い意地。
おかんとおとんの血やな。
すぐに「美味しい」って思ったみたいで、
がっついて美味しそうに食べた。
それから、ばあちゃんが作った
人参、ホウレンソウ、
キャベツ、
じゃがいも、玉ねぎ。
夏が来て、
トマト、とうもろこし、ナス、きゅうり。
全部、
無農薬。
ばあちゃんが愛情込めて作った野菜たち。
あんたは、美味しそうに何でも食べた。
そうして、ドンドンあんたはおおきなった。
美味しい野菜を毎日食べられて、
おかんもおとんもあんたも幸せやな。
ばあちゃんに感謝感謝の毎日やな。


ばあちゃんと同じように無農薬で野菜を育ててた福島のおっちゃん
が、
3月11日の原発事故の後、
自ら命を絶ったんや。
おっちゃんが、愛情注いで作った自分の野菜に畑、
なんもかんもぜーんぶ見えへん放射能に汚された。
むちゃくちゃショック受けたんやろな。
おかんが、あんたにおっぱいをやったり、
離乳食をあげるみたいにな、
おっちゃんはキャベツやホウレンソウに
水や自分で作った肥料をや
って時間かけて育ててたんやて。
今、福島原発の近くは、野菜も牛も豚も木も土も、
なんもかんもみーんな、見えへん放射能に汚されて、
どうしてええもんか、
みんなが悩んでんねん。


見た目は変わらへん。
味も変わらへん。
でも、食べたら病気になるかもしれへんのやて。
あんたみたいなちいちゃい子がそれを食べ続けたら、
大人よりも、もっともっと危ないんやて。
おかんはどうしたらええんやろか。
あんたには、汚れた野菜を食べてほしくない。
だけど、きっとめっちゃ美味しい野菜たちをほかしたくないねん。


美味しい野菜も、牛も豚も木も土も、なーんもかんも、
めちゃくちゃに汚した放射能。
それが、この世からなくなってしまったららええのにな。
でも、なくならへんのやて。
一回、この世に出てしもたら10万年くらいなくならへんねやて。
なくならへんて知ってたのに、原発を作ってしまったんやて。


これから大阪でもな、

汚れた食べ物が混ざって売られるかもしれへんねんて。
どれが汚れてるか、どれが汚れてへんのか、
おかんはさっぱり区別がつかへんねん。

だけど、
おかんはどうしても
「汚れてるかもしれへん野菜」も、
『汚れてないと思う野菜』も
あんたには食べさせたくないんや。

それはどうにもこうにもあんたを大事に思うから、
ただそれだけなんや。



にんじん_s

絵:となりのおばちゃん = 徐さん



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記 その②
 
 
[2011/07/21 23:32]
 
 
14_s.jpg

~福島のひいばあちゃん~


あんたにはひいばあちゃんが3人もおるんやで。

すごいなあ、女は長生きやなあ。

お正月に会った福岡のひいばあちゃん。
4月に会った高知のひいばあちゃん。
それから、まだ会ってない福島のひいばあちゃん。

あんたがもう少し大きくなって、
旅行もしやすくなったら、福島に会いに行こうと思ってたんやで。

でも、3.11の原発事故でそれはできへんようになってしもた。

ひいばあちゃんが住んでるのは、
福島原発から50キロのところにある福島県田村郡三春町。
三春滝桜という桜の名所で、春は観光客がいっぱいらしいわ。
おかんとおとんは、あんたが産まれる前にこの桜の名所に行ってきたんやで。
今度は、
桜の季節に来たいなあて話してたんや。
おかんがひいばあちゃんと初めて会ったのは、2年前の夏。
おとんの実家から車で福島の三春へ向かって、
着いたのは夜の10時頃。
ひいばあちゃんは、
晩ごはんを一緒に食べようと待っててくれてん。
ひいばあちゃんは、87歳。
そんな歳やと思われへんくらいの食べっぷりでおかんは圧倒されて
しもた。
夜の10時頃から3人で焼肉を食べたんやけど、

ひいばあちゃんはモリモリおかんより食べてたわ。
コレステロール値は?
血糖値は?
大丈夫?
と心配になるくらい(
笑)。

そんなパワフルばあちゃんやからな、

今回の地震の後もあっけらかんとしてたわ。
地震の後に、おとんがひいばあちゃんに心配して電話したんや。
おとん 「ばあちゃん、東京に避難した方がいいよ。」
ばあちゃん 「大丈夫だぁ、食糧もあるし、ばあちゃんはごごで死ぬんだぁ。」

その後も原発事故の情報が出てくる度に、

おとんは何度もひいばあちゃんに電話した。
ひいばあちゃんはいつも「大丈夫だぁ。」と言う。

だけど、そんなひいばあちゃんも足が悪くてな。
移動するのは歳やから大変やねん。
だから、
おかんとおとんがあんたを連れて福島へ行きたかったんやで。
でも、それもできんようになってしもた。

福島原発からまき散らされてる放射能は、
目に見えへんくらいちっちゃくって、
ちいちゃいあんたの身体に入っていっては、悪さしよるんや。
あんたの身体をちょっとずつ壊していくんやで。
おかんとおとんみたいな大人はええねん、
もう背ぇもおっきなれへんからな。
あんたの場合は、あんたがおっきなるたびに、
その壊された部分もな一緒なっておっきなるねん。
ほんで、それがひどい病気になってしまうんやわ。

おかんは思う。
原発っていうのは、放射能が怖いんやろか?
放射能に病気にさせられるのが怖いんやろか??
それもあるけど、おかんはもっと怖いことがあると思う。
おかんが一番怖いのは、
こうやっておかんたちが今まで大事にしてきた人間関係が
今まで通り続けられへんようになってしまうことやねん。
放射能を気にする人と気にしない人。
放射能から逃げる人と逃げない人。
大事な人に会えなくなってしまう人。
色んな人がおるけど、多くの人の人間関係が崩れてゆく。

そんな原発が、おかんはやっぱりいやや。
だから、おかんは「原発反対」なんやで。
 


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記 その①
 
 
[2011/07/12 12:46]
 
 
1

2010年、9月末
わが子は2700gで元気に産まれた。
最初はおっぱいを飲ませるのに、乳首も痛いし、出えへんし辛かった。
母乳が出たと思ったら、黄疸が心配やといわれた。
黄疸が治ったと思ったら、母親業が本格的に開始。
毎日泣き続けるわが子と格闘。
「なんで、あんたは泣くんや?」
と聞いても答えてはくれない。
毎日、笑いもせず、泣き続けるばかり。
あー、子育てって大変。
やっと母親業が慣れてきたと思った4ヶ月頃から、
わが子はおかんに最高の笑顔を見せてくれた。
頑張って育てて良かった!なーんて可愛いんや!
と思うのもつかの間。
お茶をこぼすわ、買ったばかりの絨毯はゲロ三昧。
それでも、この子が可愛い。
日に日に成長するわが子を見ては笑ったり泣いたり。
そう。母親業ってホントに大変!
そんな大変な思いをして育てたわが子。
この子の笑顔を見るために頑張る、おかん。

2011年3月11日、
わが子半年のときに福島の原発事故は起きた。
同じくらいの子ども達が福島にまだ取り残されている。
なんで、こんな思いで毎日毎日育てていたのに。
放射能ってのは、
何の罪もないちいちゃい赤ちゃんのDNAに入っては破壊してゆく。
なんて理不尽なんや。
なんで?なんで?の連続で、どうやっても納得なんてできるはずがない。

だから、自分で考えるだけじゃなくって、
同じちいちゃい子を持つ親として、皆で考えたい。話したい。
そしたら、一人よりもいい案も出るかもしれへん。
「おかんとおとんはあんたを守るんや。」
そんなおかんとおとん大集合!

参加希望の方、メーリングリストに登録してください。

  登録→ 空メールを送信してください
join-okatonsam.d03r@ml.freeml.com

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんとおとんの原発いらん宣言。 
 
 
[2011/06/30 18:30]
 
 



おかんとおとんは、あんたに好き嫌いせんと、
何でも食べて、元気に育って欲しい。
ただ、それだけや。
 
おかんとおとんは今、悩んでる。
3月11日に東北で大地震があった。
さらに福島県で原発事故が起きたんや。

福島原発からは放射能がアホみたいにダダ漏れして、
空気中にも海にも垂れ流し状態なんや。

この放射能ってのは、なかなか、ややこしくって、
小っちゃいあんたをひどい病気にしてしまうんや。
福島じゃぁ、この放射能によって生まれた場所を離れる人も
おるんや。
 
うちらが住んでる関西にも、原発がたくさんある。
日本は地震大国で、近い将来、また大きな地震が起こるらしいわ。
そうなったら、ほんまにあんたを日本で育てていけるんやろか…。
 
おかんとおとんは今まで、
専門家や電力会社・政治家に
いっぱい色んなことを任せてきた。
その結果がこれや。

だから、おかんとおとんは反省した。

おかんとおとんは自分たちのあたまで考え、
自分たちの言葉で話して、
自分たちのやりかたで動いていこうって決めたんや。

 
ほなら、ここで宣言するわ。
おかんとおとんは「原発反対」や!!





 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。