スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
10月28日申し入れ書とおかんのうた
 
 
[2011/10/31 23:41]
 
 
10月28日経済産業局前での座り込みでは、
午前中に経済産業局に、午後は環境省の出先、近畿地方環境事務所に申し入れもしました。

担当者「中に入るのは数名に・・・」、
「なんでやねん!みんな怒ってんねん、伝えたいことあんねんから入れてや!」、
「こんな玄関先で失礼やんか!」とごねごね。
経済産業局の方はだめでしたが、
環境事務所の方は、全員が入れる広い広間を急遽用意してくれました。
「もう原発いらんねん!はよ止めて」、「福島の人らちゃんと避難させなあかんやろ!」
「放射能ついたガレキばらまいたらあかんて!」と、皆でがつんと伝えてきました。
以下その申し入れ書です。

近畿経済産業局申し入れp1

近畿経済産業局申し入れp2

近畿地方環境事務所申し入れ


   ”私達は棄てられたのだ”
   福島のおかんがため息する時
   被ばくを強いられ 危険を強いられ
   うちらもまた棄てられてるんやで。

   こんな日本に誰がしたって
   うちらも正直どきりとするわ。
   でも、黙るわけにはいかんのや
   子どもらの未来まで
   棄てられてしもたらかなわんからな。

   例え声が震えても
   言葉が上手につむげんくても
   おかんとおとんはでっかい声で

   原発イラナイ
   放射能をばらまくな
   福島とつながろう
   福島とつながろう


   おかんとおとんの原発いらん宣言2011




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/97-c52fc977

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。