スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記⑥~4月に東京から避難、9.11大阪デモでスピーチ。今、想うこと~
 
 
[2011/09/14 11:17]
 
 
16.jpg




東日本大震災からちょうど半年の9月11日。
小1の息子とともに
「原発ハヨトメロ!! デモin大阪」(at難波・元町中公園)に参加しました。
デモの参加は7月31日のサウンドデモに続いて二度目です。

はじめてのデモは遠くから見ていた感じでの参加でしたが、
今回は東から避難、移住してきた母としてスピーチもさせていただき、
顔見知りになったママたちもいっしょで
心強く、感慨深いものでした。
スピーチはやってみて、あらためて向いていないなと思い(汗)、
終わった直後は穴があったら入りたい心境でしたが……。

9月11日に全国各地でおこなわれたデモは
もちろんそれ以前のデモやさまざまなアクションに
加わっているほとんどの人は、
福島の事故をきっかけに行動を起こしはじめたと思います。
でも、3月11日を東京で過ごした私はパニックになり、
4月から地元・茨城県に引っ越す予定
(息子の進学を機に、じじばばのそばで暮らすはずでした)を
キャンセルして大阪に移住。
しばらくは「自分だけ逃げてきた」と悶々とした日々を過ごしていて、
なんの行動も起こせませんでした。
フリー編集者として大阪でも出版の仕事を続けることにしたものの、
「私にできるのは本づくりしかないのか?」
「ほかにするべきことがあるのではないか?」
と思いつつ、情報がキャッチできなかったことや、
新たな生活や仕事で手いっぱいだったということもあり、
脱原発関連の催しに足を運ぶこともなかったのです。

でも、「逃げて終わりじゃない」
という気持ちをずっと抱えていました。
そんなとき、たまたまの縁で
武田邦彦さんの著書
(子どもの放射能汚染はこうして減らせる!
http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/5528501
に携わりました。
武田さんから直接お話を聞くと、
自分がいま大阪にいること、
茨城県に引っ越して父の畑を手伝っておいしい野菜を食べるという
夢をつぶされたこと、
美しいふるさとの景色を汚されてしまったこと、
家族や知人が離ればなれになってしまったこと、
距離だけではなく気持ちの面でも溝ができてしまったこと……など、
「どうして?」
という思いがあふれたりよみがえったりしてきました。
そして、現在進行形でどんどん露呈する国や東電のお粗末さへ、
新たな憤りも感じました。
武田さんは「脱原発を選ぶかどうかは、
あなたが自分で考えてください」と
おっしゃっていましたが、
私は「そりゃ、脱原発しかないだろ」と
心で即答し、スイッチがONになったのです。

私が武田さんの話を聞いて、
いちばん危機感をもったのは、
福井の原発のことでした。
福井で事故があれば、
福島の事故による東京のようになるのは
大阪かもしれません。
私は身近なお母さんたちを見ていると、
福島原発から出た放射能のことは自分たちには関係ない、
遠い国で起こった話のように思っているように思えてなりません。
瓦礫や給食に頭がまわるほど細やかでなくても、
「福井で起こったら、大阪も東京のようになるかもしれない」と
わかりやすく考えて、
「やっぱり脱原発でしょ」と思ってもらいたい。
「東京は大丈夫みたいだし、大阪もきっと大丈夫やろ」
と思ってしまうのかな……。
そんなの、いやや~! というかダメダメ!

私は武田さんの教えにしたがい、
なにかあったときのためにペットボトル水を一箱常備し、
インフル用のマスクも準備しているけど、
そんなの使うときがきたらやっぱりいやだし、
市民にそんな準備までさせる原発はやっぱりないほうがいいし、
だいたい子どもたちが暮らしていくなかで
そんなことにおびえながらというのは
やっぱり違う。
当日のスピーチでも話しましたが、
日本をもっとマシな国にしたい。
いまは、どんどん傾いていって
情けないたらありゃしない状況なので。

と、だいぶ長くなってしまいましたが、
あたりまえの感覚をもって、
あたりまえに行動して、
あたりまえの結末を迎えたい……そう願います。

もともと一人作業の家仕事で
ひきこもりがちな私がこうして行動したり、
どうやったって向いていないスピーチにも手をあげたりする、
それくらいとんでもないことが、
起こってしまったのだな……とつくづく思います。

同じ気持ちでいるみんなと、
「止める」「なくす」ことができるまで、
声を出しつづけていきたいです。
親子ともども、
デモでつながった人に会えることを楽しみにして、
次につなげていけたらです。

(は)


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
9・11原発ハヨトメロ!デモ
私も原発ハヨトメロ!デモ、子ども連れて参加しました!
ベビーカー押しながら、たくさんの同じ思いを持つお母さんと出会うことができて、今まで参加したデモの中で一番楽しいデモでした!
”あたりまえの感覚をもって、
あたりまえに行動して・・・”、同感です。
「ゴミの捨て方もまだわからへん」→「やっぱり脱原発でしょ!」、
「出てきたプルトニウムどうすんねん?」→「やっぱり脱原発でしょ!!」、
「事故起こしたらとてつもない範囲に被害が及ぶ」→「脱原発でしょ!!!」って思います。
[2011/09/16 06:24] URL | ソラまま #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/67-6a4dfbe8

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。