スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
大阪府河南町の給食センターの見解、対策
 
 
[2011/09/10 03:15]
 
 

2011年9月8日

給食センターに問い合わせました。
(教育委員会は全権をセンターに委ねている様子)

121429714726316406043.jpg



************


ー質問ー
給食の安全性はどの様に守っているのか?
今後、産地を明記する予定はないのか?



ー回答ー
*センターの基本的な姿勢としては風評被害は避ける
*頼りないが、政府を信頼するというスタンスをとっている
*牛肉に関しては個体識別番号で産地を管理している。主に熊本から取り寄せている。
*牛乳は泉南乳業の商品で大阪、和歌山、北海道、九州の牛乳である。
7月に3度放射性物質の検査をしたが、検出されなかった。
*その他の食材に関してもすべて産地を把握しているので、センターに足を運べば公開している。

************
産地を記載する予定はないみたいです。
牛乳の検査方法など疑問点はまだまだ残りますが、
今日はここで引き下がりました。
(さ)




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 

「*センターの基本的な姿勢としては風評被害は避ける」
何をもって風評被害としているのか?
たとえば、「抜き打ち検査」で基準値を超えた千葉・埼玉産のお茶を選ばないのは風評被害ですか?
風評被害といわれているもののほとんどは、実害のように思えます。
センターの風評被害の定義とその例を教えてください。
http://www.asahi.com/food/news/TKY201109030108.html

「*頼りないが、政府を信頼するというスタンスをとっている」
頼りないと思っていたら信頼しないでください。
そのために被害を受けるのはあたなではなく、回避することのできない子どもたちです。
「頼りないが、信頼する」は、無責任な発言です。

「*7月に3度放射性物質の検査をしたが、検出されなかった。」
1ヵ月で3度の検査は、適切な件数でしょうか?
3回しか検査しない理由を教えてください。

「*センターに足を運べば公開している。」
足を運ばなくてもわかるように、ネットで公開してください。
給食の安全性に関心を持っている保護者は多いのです。
積極的に情報公開すべきです。
来れば教えてやるという態度に疑問を持ちます。

[2011/09/14 12:54] URL | gogogold #9GWVC0v. [ 編集]

私も問い合わせました
はじめまして。
私も泉南乳業へ問い合わせいたしました。
3.11以後、比率は少ないが給食用に宮城県産乳牛の原乳を混ぜていた事もあったとの事。
放射能測定検査は大阪府立大学に依頼しているとの事。
検出限界値を尋ねたところ、検出されずとの回答です。
http://geiger.grupo.jp/bbs/
ちなみに上記サイトでの計測では他ブランドですが牛乳から検出されています。
大阪府立大学に直接尋ねてみたかったのですが、問合せ先がわかりませんでした。
牛乳の汚染はチェルノブイリでも深刻でしたので、心配です。
[2011/09/14 17:23] URL | T #jxGFkdHk [ 編集]

はじめまして
この記事を見ていてふと思ったのですが、不安の度合いがまだまだ低いと言わざるを得ないと思います。

もし具体的な対策を取ってほしいと思うのなら、まずは議会を動かす事が大切では無いでしょうか? その為には各議員に対して、対策をしてもらうよう要請する事も大切かと思います。

「どうせ動かない」というのはやらない人の言い訳、「あそこの政党は嫌い」というのは木を見て森を見ない人の言い分です。

全く駄目でも収穫が無いわけではありません。駄目なら、各議員の返事をどうどうと発表して糾弾してやれば良いと思います。
[2011/10/01 11:54] URL | dmxtem #FeuTvSVE [ 編集]

再度問い合わせました
7月に3度放射性物質の検査をしたが、検出されなかった。
とされる
大阪府立大学での放射能測定検査、検出限界値は
最大3ベクレル、最小1ベクレルとの事でした。
ただ、今後、大阪府立大学での検査予定は無く
来年から測定機を購入し独自でされるようです。
(検出限界値は府大での検査より高くなるとの事)
北海道と滋賀県より西の生乳を使用されてるとの事ですが
今後は益々汚染された稲わらや飼料が拡散されそうですので不安は尽きませんね。
[2011/11/01 11:55] URL | まりん #jxGFkdHk [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/64-c5c4c053

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。