スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
原発は命と引き換え~元敦賀原発労働者の斎藤征二さんを囲んで~
 
 
[2011/08/29 04:56]
 
 
9月18日(日)
14時~
堺市総合福祉会館
3階第2会議室
(キャパ45人、南海高野線堺東駅下車徒歩7分、堺郵便局本局南側)

参加協力費用 500円
(会場費、資料代、ご本人への謝礼、交通費に当てます)

中学生向け
9月18日(日)
19~21時
LAGセンター
(京阪、JR,地下鉄鶴見緑地線京橋下車徒歩5分)

参加協力費用 300円
(会場費、資料代、ご本人への謝礼、交通費に当てます)


内容
原発労働の被爆の実態と福島原発事故が起きてしまった今、
子ども達をいかに放射能から守って行くのかを語っていただきます
また、各自治体への給食食材の産地表示や自治体による
食材線量の測定などの要請行動の交流もしたいと思います。
学習趣旨
原発事故から半年、事故収拾の見通しがつかないばかりか放射能流出が一段と拡がり、
一方では定期検査後の原発稼働再開にまでいたっています。
そこで、この度敦賀原発の元下請け労働者である斎藤征二さんをお招きして
交流会を持つことにしました。
被爆労働とその後のご病気の経験、
そんな中でも人間らしく生き抜いてこられた斎藤さんの生き様から
私達は今日を子ども達と共に生きる上で多くのことを学ぶことができると思います。

連絡

先放射能からイノチを守る南大阪ネットワーク
五十子(いかご)09074980837

子ども全国交歓会実行委員会
高松(たかまつ)09070694719   
 
 

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/54-c678d5b7

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。