スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記 その③
 
 
[2011/07/26 00:44]
 
 

カボチャ_s
            
(絵:となりのおばちゃん)



〜大阪のばあちゃん〜



3ヶ月頃まではな、
あんたがあまりにも泣いて泣いて、
泣きやめへんから、
おかんはなんで泣きやめへんのかと,
めちゃ悩んだんやで。
それで、
大阪のばあちゃんに相談したんや。
大阪のばあちゃんな、
「もしかしておっぱいが足りてへんのちゃうか。」
って言うた。
だから、
おかんはあんたの体重が増えてるか
定期的に測っては気をもんだも
んや。
でも、久しぶりに大阪のばあちゃんに会ったとき、

ばあちゃんがあんたを見て叫んだんや。
「おっぱいは足りてるみたいやな~。」
あんたが、
あまりにもぶくぶくに太ってたもんで
ビックリしたんやて。
泣き続けてた理由は他のところにあったみたいで、
おかんのおっぱいは問題なく足りてた。
それで、半年になるまでは、おっぱいだけであんたは育った。
道ゆく人によく
「立派な赤ちゃんやな~。」
「固太りやね~。」

ってほめられたんやで。

半年を過ぎた、4月1日から離乳食を始めた。
初めて食べたのは、
大阪のばあちゃんが作った
無農薬のさつまいもとハネのかぼちゃ。
少し前に収穫したやつ。
さつまいもは、収穫してから少し置いといたらな、
水分が飛んで甘くなるから美味しいねん。
あんたは、おっぱい以外のモノを初めて口にした。
最初の一口はビックリした顔してた。
でも、持ち前のその食い意地。
おかんとおとんの血やな。
すぐに「美味しい」って思ったみたいで、
がっついて美味しそうに食べた。
それから、ばあちゃんが作った
人参、ホウレンソウ、
キャベツ、
じゃがいも、玉ねぎ。
夏が来て、
トマト、とうもろこし、ナス、きゅうり。
全部、
無農薬。
ばあちゃんが愛情込めて作った野菜たち。
あんたは、美味しそうに何でも食べた。
そうして、ドンドンあんたはおおきなった。
美味しい野菜を毎日食べられて、
おかんもおとんもあんたも幸せやな。
ばあちゃんに感謝感謝の毎日やな。


ばあちゃんと同じように無農薬で野菜を育ててた福島のおっちゃん
が、
3月11日の原発事故の後、
自ら命を絶ったんや。
おっちゃんが、愛情注いで作った自分の野菜に畑、
なんもかんもぜーんぶ見えへん放射能に汚された。
むちゃくちゃショック受けたんやろな。
おかんが、あんたにおっぱいをやったり、
離乳食をあげるみたいにな、
おっちゃんはキャベツやホウレンソウに
水や自分で作った肥料をや
って時間かけて育ててたんやて。
今、福島原発の近くは、野菜も牛も豚も木も土も、
なんもかんもみーんな、見えへん放射能に汚されて、
どうしてええもんか、
みんなが悩んでんねん。


見た目は変わらへん。
味も変わらへん。
でも、食べたら病気になるかもしれへんのやて。
あんたみたいなちいちゃい子がそれを食べ続けたら、
大人よりも、もっともっと危ないんやて。
おかんはどうしたらええんやろか。
あんたには、汚れた野菜を食べてほしくない。
だけど、きっとめっちゃ美味しい野菜たちをほかしたくないねん。


美味しい野菜も、牛も豚も木も土も、なーんもかんも、
めちゃくちゃに汚した放射能。
それが、この世からなくなってしまったららええのにな。
でも、なくならへんのやて。
一回、この世に出てしもたら10万年くらいなくならへんねやて。
なくならへんて知ってたのに、原発を作ってしまったんやて。


これから大阪でもな、

汚れた食べ物が混ざって売られるかもしれへんねんて。
どれが汚れてるか、どれが汚れてへんのか、
おかんはさっぱり区別がつかへんねん。

だけど、
おかんはどうしても
「汚れてるかもしれへん野菜」も、
『汚れてないと思う野菜』も
あんたには食べさせたくないんや。

それはどうにもこうにもあんたを大事に思うから、
ただそれだけなんや。



にんじん_s

絵:となりのおばちゃん = 徐さん



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/32-37120557

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。