スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
滋賀県の湖西、針江「生水の郷(しょうずのさと)」にいってきました。
 
 
[2011/07/23 22:42]
 
 
今日は、私が加入しているエスコープ大阪の企画で、「針江のんきいファーム」という無農薬米を作っている生産者さんのところに行ってきました。

実はわたくし、この7月から、南河内地区の地域委員会というのになりまして、ボランティア的な感じではあるんですが、イベントを企画したり、情報を発信していくということをするみたいです。

まずはのんきいファームの田んぼを見せてもらいました。いいのか悪いのか、よくわかりませんが、さすが無農薬、雑草だらけ!
たんぼ


で、この生水の郷、名前どおり、水路だらけ。それもみずがきれいで冷たい。

水車もありました。
水車


子供たちは水遊び。あみをとバケツを貸してもらって、生き物探し。鮎、イワナ、ざりがに、かに、よしのぼり、などなどいっぱい取れました。鮎は、生産者の方が、炭で焼いてくれました。ししゃも?みたいなサイズやけど、うまかった。

発泡スチロール製のイカダで川くだり。
IMG_0245.jpg


子どもたちを遊ばしてる間に、大人数人で、川端(かばた)めぐり。IMG_0257.jpg


川端っていうのは昔、台所として使ってたそうです。ここら辺は掘ればどこでも湧き水が出るそうで、この水を使って生活をしています。奥の丸いところのが、飲用、手前のにごってるところは、食器を洗ったり、、ここに鯉がいます。使ったナベを漬けておくと、鯉が食べかすをきれいに食べてくれるそう。

川下の人たちのためにも、この川端、水路をきれいにみんなで守っているそうです。
このきれいな水のおかげで、おいしいお米ができるんですね。

こんなに環境にやさしい暮らしをしてる人が、もっともっといれば、原発なんてできなかったんだろうなあと、なんでも原発に結び付けて考えてしまう私。

いやいやでも、やっぱり経済優先・自分優先の人が多すぎますね。

(りょ)
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/28-45de1a5b

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。