スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
おかんの日記 その②
 
 
[2011/07/21 23:32]
 
 
14_s.jpg

~福島のひいばあちゃん~


あんたにはひいばあちゃんが3人もおるんやで。

すごいなあ、女は長生きやなあ。

お正月に会った福岡のひいばあちゃん。
4月に会った高知のひいばあちゃん。
それから、まだ会ってない福島のひいばあちゃん。

あんたがもう少し大きくなって、
旅行もしやすくなったら、福島に会いに行こうと思ってたんやで。

でも、3.11の原発事故でそれはできへんようになってしもた。

ひいばあちゃんが住んでるのは、
福島原発から50キロのところにある福島県田村郡三春町。
三春滝桜という桜の名所で、春は観光客がいっぱいらしいわ。
おかんとおとんは、あんたが産まれる前にこの桜の名所に行ってきたんやで。
今度は、
桜の季節に来たいなあて話してたんや。
おかんがひいばあちゃんと初めて会ったのは、2年前の夏。
おとんの実家から車で福島の三春へ向かって、
着いたのは夜の10時頃。
ひいばあちゃんは、
晩ごはんを一緒に食べようと待っててくれてん。
ひいばあちゃんは、87歳。
そんな歳やと思われへんくらいの食べっぷりでおかんは圧倒されて
しもた。
夜の10時頃から3人で焼肉を食べたんやけど、

ひいばあちゃんはモリモリおかんより食べてたわ。
コレステロール値は?
血糖値は?
大丈夫?
と心配になるくらい(
笑)。

そんなパワフルばあちゃんやからな、

今回の地震の後もあっけらかんとしてたわ。
地震の後に、おとんがひいばあちゃんに心配して電話したんや。
おとん 「ばあちゃん、東京に避難した方がいいよ。」
ばあちゃん 「大丈夫だぁ、食糧もあるし、ばあちゃんはごごで死ぬんだぁ。」

その後も原発事故の情報が出てくる度に、

おとんは何度もひいばあちゃんに電話した。
ひいばあちゃんはいつも「大丈夫だぁ。」と言う。

だけど、そんなひいばあちゃんも足が悪くてな。
移動するのは歳やから大変やねん。
だから、
おかんとおとんがあんたを連れて福島へ行きたかったんやで。
でも、それもできんようになってしもた。

福島原発からまき散らされてる放射能は、
目に見えへんくらいちっちゃくって、
ちいちゃいあんたの身体に入っていっては、悪さしよるんや。
あんたの身体をちょっとずつ壊していくんやで。
おかんとおとんみたいな大人はええねん、
もう背ぇもおっきなれへんからな。
あんたの場合は、あんたがおっきなるたびに、
その壊された部分もな一緒なっておっきなるねん。
ほんで、それがひどい病気になってしまうんやわ。

おかんは思う。
原発っていうのは、放射能が怖いんやろか?
放射能に病気にさせられるのが怖いんやろか??
それもあるけど、おかんはもっと怖いことがあると思う。
おかんが一番怖いのは、
こうやっておかんたちが今まで大事にしてきた人間関係が
今まで通り続けられへんようになってしまうことやねん。
放射能を気にする人と気にしない人。
放射能から逃げる人と逃げない人。
大事な人に会えなくなってしまう人。
色んな人がおるけど、多くの人の人間関係が崩れてゆく。

そんな原発が、おかんはやっぱりいやや。
だから、おかんは「原発反対」なんやで。
 


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 

目をつぶったら涙が流れてきた。本当に・・・自分の体を一つ、二つと切り落としていくような痛み、一番悲しいね。
[2011/07/22 06:10] URL | せたみき  #- [ 編集]

はじめまして!
カリフォルニアで地域精神保健(社会福祉)に従事する者です。今はこちらに住んでいますが、もともとは大阪の河内松原出身です。福島原発の情報をネットで集めていたら、偶然こちらのブログに辿りつきました。原発事故後の日本で福祉の専門家に何が求められているのだかろうと考えていた時に、おかんさんの下記の言葉を見つけて涙がでてきました。

<おかんが一番怖いのは、
<こうやっておかんたちが今まで大事にしてきた人間関係が
<今まで通り続けられへんようになってしまうことやねん。

放射能に空や海や大地や食べ物や人が全て汚染され、皆がその影響に怯えながら生活しなければならなくなった今、どうしたら、今まで大切にしてきた人間関係、特に家族関係を守ることができるのか、微力ですがそれを皆さんと探していきたいと考えるようになりました。

最後に、ここのブログの記事は1人の方が書いておられるのが、それとも複数の方々が書いておられるのか分かりかねますが、絵や詩がとても綺麗で心に響きます。これから、このブログに時折訪問させて頂ますのでよろしくお願いたします。
[2011/08/14 06:40] URL | かずみ #mtoWriCs [ 編集]


せたみきさん、かずみさん、コメント、ありがとうございます〜!

本当にせつない時代になってきましたね。

”still life goes on" というコトバが毎日頭を横切ります。なにがあろうと、それでも月日は流れていく、みたいなところでしょうか。だれが死のうが生きようが時間はどっちにしろ過ぎていく。
それなら後悔しないように、守れる命を守るために、全力でできることをしていきたい。
と、私は思います、はい。

このブログは複数のおかんたちで書いとります。
絵も、柚木ミサトさんのを借りてきたり、となりのおばちゃんのを借りてきたり、いろんな人の合作です。
みなさん、なかなかの才能あっぱれですよね。


[2011/08/14 08:54] URL | ややのおかん #9GWVC0v. [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/23-35e4d1ca

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。