スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「11.7 汚染がれき受け入れNO!近隣7府県一斉アクション 」 の            ピースフルアクションで 割烹着~ず☆ やります。
 
 
[2012/11/06 05:34]
 
 

「11.7 汚染がれき受け入れNO!
近隣7府県一斉アクション 」
ピースフルアクションで 割烹着~ず☆ やります。
寄ってきてください!!
年齢、性別、所属、とか・・・不問。  
 
格好  割烹着、エプロン、赤つぶor怒Tシャツ、
お気に入りの服、コスチュームなど・・・自由
 ”フリ”は、ダンス部(準)のを見ながらでもいいけど
アドリブ、テキトー OKです。楽しく♪
        
 http://okaton.blog.fc2.com/blog-category-20.html

場所  大阪市役所南西角からテントの辺り
集合  11:30 (あたりの様子をうかがいながら、
ちょっとフリとコール練習したい)
       
ラブミーテンダーの最後のバラードのへんで、楽しい(かな?)コール♪
ええじゃないか ええじゃないか ええじゃないか
原発なくても ええじゃないか
がれきはいらんで! ええじゃないか
焼却いらんで! ええじゃないか
避難者受け入れ ええじゃないか ♪
 
 
開演  12:00  司会 りょうこさん
割烹着~ず (ナレーション ひぐまちゃん)
趙博さんたちの歌
 
終了  12:45
 
その後、要望書提出、記者会見へと移っていきます。・・・・・
 
皆さん大勢の、昼休み中のギャラリーを巻きこみましょう!!
 要望書提出、記者会見に臨む方たちを応援しましょう!!
風船、バナー、旗、シャボン玉、鳴り物、などもってきてね☆
 お天気になれ!(ほんま、こないだは カッパー着~ず やったもんね 笑)
          
詳しくはコチラ







(ま)













        
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 

2012年11月8日関西電力への暴力団との癒着をやめ、原発即時廃止を求める要求書

関西電力
野田佳彦首相
橋下徹大阪市長
門川大作京都市長
矢田立郎神戸市長 各位
              2012年11月8日京都生協の働く仲間の会
電話=09011446818連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号
keizirou.hushimi@gmail.com(メールアドレスを、変更しました。)
(1)要求
私たちは、関西電力は、暴力団、暴力団関連企業との癒着による原発労働者支配をやめる事を求めます。
1、関西電力は、福井県の暴力団排除条例に違反し、暴力団企業と、契約を結んできたこと、そうして、原発で暴力団による労働者支配、労働采配を行ってきた事を謝罪せよ!
2、八木社長をはじめとした責任者の処罰を行い、その内容を公表せよ!
3、これまでの暴力団関連との契約による原発労働者支配の歴史と実態を明らかにせよ!
4、二度と暴力団との癒着を行わないことを宣言し、そのための体制を作ること、その体制を、社会的に公表せよ!
5、二度と暴力団関連企業との契約を行わないこと、二度と暴力団関連企業による原発労働者支配を利用し、行わない体制を作り、それを公表し、社会的認可を得るまで、原発仕事は行わないこと、すなわち、原発は停止する事を宣言せよ!
6、
野田佳彦首相は、関西電力は、暴力団との癒着による原発労働者支配をやめさせるなどの指摘こそしなければならない。それを一切不問に付し、原発再稼働を認め、しかも、いまだに継続しているなど、もってのほかだ。
橋下徹大阪市長、門川大作京都市長、矢田立郎神戸市長らの関西電力の大株主としての責任も重大である。橋下徹大阪市長らは、関西電力に対して暴力団との癒着による原発労働者支配をやめさせるなどの指摘こそしなければならない。それを一切不問に付し、原発再稼働を認め、しかも、いまだに継続しているなど、もってのほかだ。
(2)
私たちは、以下、強く主張します。
1、以下は、2012年1月16日美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
(530-0047 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL 06-6367-6580 FAX06-6367-6581 http://www.jca.apc.org/mihama/、mihama@jca.apc.org)が、提起した抗議文の一部です。私たちは、これを全く正しいと考えます。
「関西電力が、大飯原発の配管補修などで、暴力団と関係のある下請会社と契約を結んでいたことが発覚しました。下請会社の関係者は偽造請負等で逮捕され、福井県警と福岡県警は大飯原発構内で下請け会社の事務所を家宅捜索するなど事態は深刻です。福井県の暴力団排除条例(第20条 取引の関係者の確認等)では、電力会社(公益事業者)が暴力団との取引を行わないことが明記されています。関電はこの条例にも違反しています。
 このような関西電力に原発を運転をする資格などありません。さらに、運転再開の筆頭に大飯3・4号の再開など到底許されるものではありません。経産大臣と保安院は、関電の原発運転再開の手続きを全て中止し、現在唯一動いている高浜3号も停止し(2月20日に定期検査入り)、原発の運転そのものを禁止すべきです。
◎大飯原発で組関連企業が違法労働 県警など3容疑者逮捕
  福井新聞(2012年1月13日午前8時00分)
◎大飯原発 工事偽装請負 「太平電業が主導」 逮捕の所長ら認める
  読売新聞2012年1月14日
◎ 福井県の暴力団排除条例(第20条)
福井県暴力団排除条例を公布する。平成二十二年十二月二十四日 福井県知事 西川 一誠
福井県条例第三十一号 福井県暴力団排除条例
(取引の関係者の確認等)
第二十条 公益性の高い事業に従事する事業者として公安委員会規則で定めるもの(以下「公益事業者」という。)は、その行う事業に係る取引により暴力団を利することとならないよう、当該取引の相手方および当該取引の媒介をする者(以下「取引の相手方等」という。)が、暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者でないことを確認し、当該者を取引の相手方等としないために必要な措置を講ずるものとする。ただし、法令上の義務を履行する場合は、この限りでない。」
2、私たちは、この点について、改めて、関西電力と、野田首相らの責任を問います。上記要求書に直ちに応える事を、その要求を順守する事を強く求めます。
3、
特に重要な点は、このたび明らかになったのは、関西電力が、今問題になっている重大暴力団とは北九州の工藤会です。この日本有数の暴力団との癒着です。ウィキペディアでは、「工藤會は、日本の福岡県に本部を置く。指定暴力団。北九州地区最大かつ九州地方最大規模の暴力団組織である。」としている。
平成22年5月22日には、「北九州地区工藤会対策トップ会議」が開催された。そこでは、福岡県知事、福岡県警察本部長、北九州市長、北九州商工会議所会頭が一堂に会し、北九州市を本拠とする指定暴力団工藤会への対策を検討した。小学校や幼稚園の近隣に新たに事務所を開設し、住民に脅威を与えているほか、工藤会の犯行と見られる発砲事件が頻繁に発生しています。
このことに強い危機感を持ち4者が連携して取組む決意が示された。会議後には、警察による取り締まり強化、暴力団の資金源対策、青少年に対する暴力団排除教育などを共同声明として発表いたしました。」この工藤会である。
4、なお、2012年4月11日 読売新聞によれば、関西電力は10日、子会社と関連会社の計17社に2011年3月末時点で、警察関係16人などが天下っていたことを明らかにしている。土肥孝治元検事総長は、関西電力社外監査役です。関電、警察と暴力団、工藤会とは、まさに癒着している。そこから、この間の反原発運動つぶしの逮捕も行われている。
9月20日に大飯現地行動を理由に不当逮捕、10月8日大阪関電前のデモで不当逮捕、!絶対に許せない。
5、既に、関西電力が福井県の暴力団排除条例に違反していることは明らかです。そして、2012年2月2日この関西電力大飯原発の原発労働をめぐっての原発偽装請負事件は、小倉簡裁で有罪が確定した。
6、
ところが、関西電力は、関西電力の広報担当者は「下請け以降は出入りが流動的で、実態は把握できていない」などと言い、暴力団、暴力団関連企業との癒着を公然と、認めてきていることを明らかにしている。まさに関電の暴力団、暴力団企業癒着を示している。これからも続けるというのだ。絶対に許せない。
東京新聞2012年2月9日は、この点、「孫請けの建設会社は暴力団系の企業で、男性従業員の給与はピンハネされ、暴力団に流れていた可能性が高い。1~4号機がある大飯原発では、定期点検作業のピーク時で三千五百人余りが働き、下請けは少なくとも五次まで及ぶとされる。だが関西電力が管理しているのは、元請けの三十社のみ。関西電力の広報担当者は「下請け以降は出入りが流動的で、実態は把握できていない」と話す。」などと、報じている。
(3)以上、要求について、11月15日必着で必ず回答する事を求めます。以上。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、私たちは、以上の要求書を野田佳彦内閣総理大臣らに提出しました。更に、多くの団体、人々の賛同をお願いします。
1、団体名(氏名)、連絡先(住所)、電話番号(メールアドレス)、肩書きや取り組まれている運動をご連絡ください。
2、更に、団体名(氏名)を私たちの職場ビラ、地域ビラで公表する事を了承される方は、「公表可」と書いて連絡ください。「公表不可」の方は、その旨を「公表不可」と書いて連絡ください。よろしくご検討ください。敬具。
[2012/11/13 23:10] URL | 京都生協の働く仲間の会 #EBUSheBA [ 編集]


2012年11月12日野田佳彦首相、大阪市橋下徹市長、西川一誠福井県知事、野瀬豊高浜町長、山田京都府知事、門川大作京都市長への要求書

1、
すべての放射能ばらまきの根源である野田首相は、ただちに、放射能瓦礫の全国へのばらまき、焼却強要をやめよ!全原発をただちに廃炉にせよ!大阪市橋下徹市長は大阪市での放射能がれき焼却をやめよ!西川一誠福井県知事、野瀬豊高浜町長は、福井県高浜町での放射能がれき焼却をやめよ!
2、
山田京都府知事、門川大作京都市長らは、野田首相に放射能全国へのばらまきに反対することを表明し、福井県と高浜町が行おうとしている放射能がれき焼却反対を表明することを求める。ことは、福井県民だけの問題ではない。京都府民も当事者だ。みんなの被曝を阻止せよ!
同じように、大阪市橋下徹市長が、大阪市で、放射能がれき焼却を行おうとしている。これも、被曝被害を受けるのは、京都府民、京都市民なども同じだ。山田京都府知事らは、直ちに、放射能がれき焼却反対を、大阪市橋下徹市長に表明せよ!
3、
何よりも、福島などの被曝を強要された人たち、子供たちを、守るために、その100万人の避難を受け入れ、放射能のない食べ物、空気、水を、住居、学校、病院などを提供する場としての西日本、関西を守るための必死の取り組みである。
4、回答を11月17日必着で行う事を求める。
2012年11月12日京都生協の働く仲間の会
電話=09011446818連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号
keizirou.hushimi@gmail.com(メールアドレスを、変更しました。)

1、
毎日新聞は、次のように報じている。
「東日本大震災:がれき受け入れ 撤回求め住民団体が高浜町に要請書/福井
毎日新聞 2012年10月02日 地方版
 東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれきの受け入れを進める高浜10+件町に計画の撤回を求め、住民グループ「がれきねっと若狭」のメンバー9人が1日、高浜町役場を訪ね、野瀬豊町長への要請書を担当者に渡した。15日までに文書で回答を求めている。
 同グループには、高浜10+件町に隣接する舞鶴市など京都府北部と県内の計6市町の住民約20人が参加。「計画では原発の放射線管理区域より基準が緩く、住民の生活が脅かされる」と訴えている。
 要請書は、がれきの焼却灰を舞鶴市との境から500メートルの処分場に埋め立てる計画について▽安全とする根拠や作業関係者の健康対策を明らかにする▽焼却時に飛散したり、炉内に残る放射性物質のデータを示す▽舞鶴10+件市で説明会を開き、直接市民に説明する−−など9項目を列挙。メンバーらは「国の基準があるから安全とは言えない。住民の健康を守るにふさわしい基準か、自治体として検討する必要がある」などと指摘した。【松野和生】
2、
その通りだ。放射能がれき焼却は、福井県民、高浜町民だけの問題ではない。被曝被害を受けるのは、京都府民、京都市民なども同じだ。山田京都府知事らは、直ちに、放射能がれき焼却反対を、福井県と高浜町に表明せよ!
同じように、大阪市橋下徹市長が、大阪市で、放射能がれき焼却を行おうとしている。これも、被曝被害を受けるのは、京都府民、京都市民なども同じだ。山田京都府知事らは、直ちに、放射能がれき焼却反対を、大阪市橋下徹市長に表明せよ!
なによりも、すべての放射能ばらまきの根源である野田首相は、ただちに、放射能瓦礫の全国へのばらまき、焼却強要をやめよ!全原発をただちに廃炉にせよ!
3、
「現在、全国各地で行われようとしている放射能汚染ガレキの焼却は、被ばくを全国に拡散させることになる。この被ばくの拡散は、福島第一原発過酷事故を引き起こした日本政府の責任を曖昧にし、安全神話の復活を意味する。また、ガレキ処理にからむ利権政治を押し進め、復興のための資金を食いものにされることになるばかりか、被ばく意識の低下は、すでにずさんな放射線管理のもとで行われている福島第一原発の収束作業を進める労働者、原発労働者をさらに危険にさらすことになるのである。そして、東北、関東から被ばくを避けるため、必死の思いでの避難を無意味なものとし、今、フクシマでたたかわれている被ばくからの避難の権利を貶めることになる。
 9月17日、北九州市で放射能汚染ガレキの本焼却がはじまった。これは、全国での放射能汚染ガレキ焼却を策動する日本政府が、布石として行ったものであり、大阪でのガレキ焼却を許せば、なし崩し的に全国でガレキ焼却が進むのは、火を見るより明らかである。
東北、関東が、今現在も被ばくが進む中、11.11に100万人行動が呼びかけられ、大飯原発を止めろの声が叫ばれ続けている。私たちが、これに連帯することは、当然である。しかし、まだ、被ばくしていない関西圏、西日本の果たすべき役割は、被ばくをこれ以上拡散させないことである。
 このたたかいは、地域エゴなどという批判を受け付ける余地は全くない。なぜなら、震災ガレキの広域処理の必要性がないことは、さまざまな知見から明白であり、阪神、淡路大震災のガレキ処理においても広域処理は一部行われたものの、全国で焼却するはことはなかったのである。
フクシマの痛みを分かち合う、それは、無意味な被ばくを受け入れることではない。むしろ、被ばくを断固避けることだ。避難の権利と補償を勝ち取るたたかいに連帯し、共にたたかうことだ。」
これは、大阪でのがれき焼却反対の闘いの「10月12日声明」である。私たちは、断固連帯し闘う。
4、
既に、全国各地で、創意工夫を込めた必死の闘いが、繰り広げられてきた。島田市のお母さんたちを先頭とした闘い、北九州市の人々の必死の闘い、そして京都市民も必死で京都市議会大傍聴闘争、京都府山田知事追及行動、1000名の京都駅頭の闘いで、細野大臣、山田知事、門川市長を追及してきた。そしてついには、京都府内での放射能がれき焼却を阻止した大勝利を勝ち取った。
5、
何よりも、福島などの被曝を強要された人たち、子供たちを、守るために、その100万人の避難を受け入れ、放射能のない食べ物、空気、水を、住居、学校、病院などを提供する場としての西日本、関西を守るための必死の取り組みである。貴職らのまじめな取り組みを強く求める。以上。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、私たちは、以上の要求書を野田首相、橋下大阪市長、山田京都府知事らに提出しました。更に、多くの団体、人々の賛同をお願いします。
1、団体名(氏名)、連絡先(住所)、電話番号(メールアドレス)、肩書きや取り組まれている運動をご連絡ください。
2、更に、団体名(氏名)を私たちの職場ビラ、地域ビラで公表する事を了承される方は、「公表可」と書いて連絡ください。「公表不可」の方は、その旨を「公表不可」と書いて連絡ください。よろしくご検討ください。敬具。
[2012/11/13 23:13] URL | 京都生協の働く仲間の会 #EBUSheBA [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/225-48f3b544

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。