スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
自主避難者の声 #2
 
 
[2012/04/18 11:56]
 
 
#2 Sさんの声

1.避難元→避難先を教えてください。

東京都板橋区から大阪府堺市


2.避難先は実家ですか?

実家です。


3.家族構成(年齢も)を教えてください。お子さんがいる場合、お子さんの性別、学年(未就園児は年齢)、家族の同・別居状況も教えてください。

私(34歳)、夫(44歳)、長男(4歳)、長女(1歳)

母子避難で夫は東京です



4.避難の時期と経緯を教えてください。

地震の4日前に里帰りしていたため、その後ずっと大阪に留まって様子を見ていたのですが、政府やマスコミによる全て後手後手の発表や、放射能の影響を軽視する対策に不信感が募り、今年の4月から大阪で幼稚園に通わすことを決心しました。


5.避難してよかったこと、悪かったことを教えてください。

よかったことは、公園でのびのび遊ばせられること。マスクをさせないで外出できること。安全な食材が簡単に手に入ること。

悪かったことは、夫とのコミュニケーションが取れなくなったこと。夫の被ばくが野放し状態になること。


6.今の悩み、困っていることを教えてください。

せっかくの避難なのに、放射能で汚染された瓦礫の受け入れをされたら、ここ大阪も汚染されてしまうし、被ばくは足し算なのに、行政にその認識がないことにとても怒りを感じています。がれきがきてもすでにお金もなくなってきているので、これ以上はなかなか逃げられません。そんなことを言っている私たち避難者がマスメディアには批判されていることにも困っています。あとは、国の決めた食品の暫定基準値が高すぎるのに、皆がそれに気が付いていないことです。大阪のほかの人にも気づいてもらい、皆、無駄な内部被ばくはさけてほしいです。放射能は微量でも危険だってことを、皆が認識して当たり前に対策していける世の中になってほしいです。


7.今、必要としていること(物)は何ですか?

私は夫と一緒に生活できればそれでいいので、当面の生活資金。

8.原発は必要ですか、不要ですか。また、なぜそう考えるかもお聞かせください。

不要です。今、九州や関西電力管内の原発はすべて止まっていますが、それでも電気は足りています。原料を採掘するときから労働者が被ばくして、使い終わってから管理するのも気の遠くなるような年月がかかり、全ての過程で被ばく労働者が出るなんて、人道的に間違った方法だと思います。そして、事故があった時のリスクが高すぎます。これは、エネルギーの問題ではなく、命の問題だと思います。福井県の原発で事故があったら今度はどこに逃げればよいのでしょうか。再稼働反対です。




9.がれき問題について、どのようにお考えですか?

本当に怖いことです。沢山勉強しましたが、とても危ないことです。燃やさず防波堤などに再利用することが可能なのに、産廃業者の利権で全国民が無駄な被ばくを強いられることを許せません。現地の人たちもそれを望んではいないのです。政府による安全キャンペーンに騙されている人たちの目を覚まさせたいです。


10.他の避難仲間に伝えたいこと、聞きたいことはありますか?

みんなギリギリで頑張っていると思います。くじけそうになったときは、手をとりあって乗り切りましょう。

11.避難先の地域の人にお願いしたいこと、伝えたいことはありますか?

どうか、避難者への理解を。内部被ばくに気を付けていることを笑わないでほしいです。


12.避難を迷っている人にメッセージがあればお願いします。

してもしなくても不安なら、した方がまだマシです。子供の命、健康が何よりも大切です。




【避難者の方へ】
避難者の方で、アンケートにご協力いただける方がいらっしゃいましたら、メールにて回答を送ってください。
設問は上記の1から12の内容です。
アンケート方式で答えづらい方は、手記のような形で、ご自分の書きやすいスタイルで書いていただいて結構です。
たくさん設問がありますが、避難者の生の声は脱原発や、避難を迷っている人の背中を押すという意味でも、大きな力になりえると思いますので、ご協力いただけましたら幸いです。

メールアドレスは、hinan アット okaton.org アットを@に変えて送信してください。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/04/18 22:49] | # [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/180-eaa1a073

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。