スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
自主避難者の声 #1 
 
 
[2012/04/11 12:11]
 
 
おかとん避難者チームです。

昨年の原発事故により、東北や関東から大阪に自主避難してきた人が多くいます。

原発のために苦しむ人々を、これ以上増やしたくありません。
そのためにも、避難者の声を避難者以外の人たちに聞いてもらうことが重要であると考え、避難者のみなさんに協力をお願いしたところ、快くアンケートに答えてくださいました。

彼らが原発事故をきっかけに何を感じ、行動し、いまここで何を思っているのか。

今もまだ、苦しみの中を生きている人たちがいます。
2011年3月11日で時が止まったままです。
なにも終わっていません。
忘れないでください。
自主避難者の思いに触れてみてください。




#1 Yさんの声

1.避難元→避難先を教えてください。
千葉県浦安市→大阪市阿倍野区

2.避難先は実家ですか?
実家です。実両親と一緒に暮らしています。

3.家族構成(年齢も)を教えてください。お子さんがいる場合、お子さんの性別、学年(未就園児は年齢)、家族の同・別居状況も教えてください。
私(35),夫(38),長女(3),次女(1)
長女は今年4月から幼稚園です。
母子避難ですので、夫とは離れて、実両親と一緒に暮らしています。

4.避難の時期と経緯を教えてください。
3.11の地震の液状化による影響で、自宅が傾きガスと水道がストップしたのでこれでは子育てできないと思い、3月13日に当時2才2ヶ月と8ヶ月の子供達を連れて大阪の実家に避難してきました。
最初、原発のことはそんなに危険だと思っていませんでした。
テレビの画面を見ると大変そうだけど、本当に大変なら政府はちゃんと国民を逃がすだろうと信じていたからです。
でも、枝野さんの言う「ただちに影響はない」とかの報道に少し疑問があったのと、海外の対応がすごかった(韓国の学校が放射能の雨が降るということで休校になったり、中国で日本人観光客に放射能がついているので入国をとめられたとか)ので、そのギャップを不思議に思っていたので、家の傾きの修理が終わるまでに放射能や原発のことをちゃんと調べておこうと思い、インターネットで調べ始ました。
私が見たのは一つの動画でした。
ネットの報道番組で広瀬隆さんというノンフィクション作家がゲストでその時の原発がいかに大変な状況かを政府への怒りを交えて語ってらっしゃいました。
テレビや新聞で報道されていたものとは180度違うことを話していました。
今は日本という国がなくなるかどうかの瀬戸際だと。
「テレビを見ている人は自分で調べてみてください。ちょっと調べればわかることなんだ。どれだけ政府がいい加減なことを言っているかを。」と言っておられたのが印象的でした。
テレビや新聞で情報はちゃんと見ていたと思っていたので、最初は?という感じでした。
今まで信じていたものと全然違うものが出てきて、びっくりしたし、怖かった。
でも、勘としかいいようがなかったけれど、今は大変な状況なんだというほうが正しいと思いました。
それから、のめり込むようにインターネットや本などで原発・放射能の勉強をしました。
調べれば調べるほど怖くなり、千葉には帰れないという思いが出てきました。
それまでの私がそうだったようにのほほんと暮らしていた夫とは何回も喧嘩しました。
家族みんなで転職してでも、物理的なもの全て失ってでも避難すべきという私の意見は、考えすぎ、神経質と言われました。
「みんな住んでるから大丈夫。」「千葉の私が避難するなんて福島で頑張ってる人たちに失礼だ。」
そう主張する主人といくら話しても拉致があきませんでした。
私も家族の命がかかっているので一歩も引けず途方にくれました。
何回話しても大げんかで終わってしまう状況に精神的に参っていましたが、これで負けては放射能に負けると同じだと思い、気を取り直して主人と私の違いは子供に対する愛情ではなく放射能の知識の違いだと考え、主人に私が見てきた動画、情報、読んできた本などを少しずつメールで送って見てもらいました。
文句を言いながらもちゃんと読んでくれ、大丈夫と言っていた主人が数ヶ月後には「危険か安全かわからない」というまでになりました。
今では、「きっと危険だから子供と私は避難したままでいい。けれど、いままでやってきた仕事を辞めて自分が避難するということは出来ない。」と言っています。
「転職で今まで積み上げてきたものを捨てることができない。転勤できるように頑張るから待ってくれ」という主人の意見を尊重するというか、転職を決断させることが出来ない状態が続いています。
転勤が先なのか、主人が倒れるのが先なのか、家族バラバラの生活もいつまで続くかわからない。そんな日々が続いています。

5.避難してよかったこと、悪かったことを教えてください。
良かったことは、今自分の子供を守れていること。自分の子供だけじゃなく子供みんなを守ろうとしている人達がたくさんいることを知ることができたこと。そんな人達と繋がれたことです。
絆という言葉はもうたくさん!と思っていますが、私達家族がこの問題を本当に乗り越えられた時、本当に絆の深い家族になれると思います。

悪かったこと。
家族バラバラで、子供の成長を主人に見せることができない。子供のことに必死で主人の健康管理に対してはほぼ何もできていないこと。
避難生活にお金がかかっている。
避難しているということで精神的に余裕がなく、子供達にちゃんと向き合えないこと。

6.今の悩み、困っていることを教えてください。
先が見えない。
主人の体調が心配。
日本の未来が心配。
瓦礫を広めようとしている国に住んでいることが怖いです。


7.今、必要としていること(物)は何ですか?
避難する権利。
避難者のニーズに合った支援。

8.原発は必要ですか、不要ですか。また、なぜそう考えるかもお聞かせください。
不要です。
必要である理由がわかりません。
こんなにたくさんの人を苦しめているのに、なぜ原発で電気を作る必要があるのかわかりません。

9.がれき問題について、どのようにお考えですか?
人に避難する権利を与えないのに、放射能ついた瓦礫を拡散させようとする意図がわかりません。
チェルノブイリでは、人を逃がし、放射能を徹底的に封じ込めてあの健康被害がでたのです。
国民のことを考えてやっているとは思えないし、国民の善意を利用しているところが許せないです。

10.他の避難仲間に伝えたいこと、聞きたいことはありますか?
一人で悩むと試練大きすぎて辛すぎます。
避難同士繋がって支え合って生きましょう。

11.避難先の地域の人にお願いしたいこと、伝えたいことはありますか?
自分の子供を守って欲しい。
この日本の危機に気づいて欲しい。
震災が他人事ではないことを自覚して欲しいです。

12.避難を迷っている人にメッセージがあればお願いします。
私達避難者は自分を責めています。「もっと早く避難していれば。あの時自分にもっと危機感があれば・・・」
いろんな事情がおありだと思いますが、乗り越えられそうな問題なら、まず来てください。
こちらには避難者のコミュニティが出来つつあります。
あなたの居場所あります。




【避難者の方へ】
避難者の方で、アンケートにご協力いただける方がいらっしゃいましたら、メールにて回答を送ってください。
設問は上記の1から12の内容です。
アンケート方式で答えづらい方は、手記のような形で、ご自分の書きやすいスタイルで書いていただいて結構です。
たくさん設問がありますが、避難者の生の声は脱原発や、避難を迷っている人の背中を押すという意味でも、大きな力になりえると思いますので、ご協力いただけましたら幸いです。

メールアドレスは、hinan アット okaton.org アットを@に変えて送信してください。
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/175-fe527095

まとめteみた.【自主避難者の声 #1 】
まとめwoネタ速suru[2012/04/11 12:26] おかとん避難者チームです。昨年の原発事故により、東北や関東から大阪に自主避難してきた人が多くいます。原発のために苦しむ人々を、これ以上増やしたくありません。そのためにも...
 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。