スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【転載です】 「セシウム反対母の会」の方が岩手県のがれきを視察した様子
 
 
[2012/01/09 11:25]
 
 



秋田県内で活動されている、
「セシウム反対母の会」の方が、
岩手県のがれきを視察した様子を、
ブログに掲載しています。

岩手県の瓦礫視察 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11108774588.html
視察2 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11109845394.html
視察3 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11110893575.html


本文は長いので、まとめだけ以下に転載させていただきます

---------
まとめ

・ あれから9ヶ月も経っている事もあり、きれいに分別整理されている

・ 今回見た沿岸北部では、人通りがないような生活圏外にがれきがあった

・ 地元の業者さんは自分とこで処理したいらしい

・ 同じ仮置き場内でも数値に大きくバラつきがある。丁寧な検査が必要

・ 秋田に持って来られたくないような物は、岩手にだってないほうがいい
 (秋田に持ってきてもいいような物は、地元の雇用につなげてほしい)
 

・ 市町村で他の方法がいいのではと思っていても、国の方針(法)がそうさせない
 (震災後、特例まみれなんだから、これこそ特例でなんとでもなるじゃん)
  
・ 「がれき」とひとまとめにせず、場所、内容、状態、線量などで方法を変えるべき

・ なぜ県は1メートル以上近づいて計測しないのか。県内の計測は1cmからしてるのに

・ 防波堤の有無が被害の大小を決めた。防波堤は絶対に作るべき
(ナナブログに紹介している青木さんのやつとかメチャいいじゃん。久慈市にも提案してきましたよ)

・ 市も本当は、なるべく自分達で処理したいと思っている



今回、岩手県沿岸北部の視察をしたのは、秋田が受け入れる事になった時の搬出先を見たかったのと

「現地見てないくせに反対とか言えるんですか」的なご意見に「それもそーだな」と思ったから。

ただ、今回お話が聞けた方々が

「南に行くともっと凄いよ~。この辺は、まだ被害が少なかったんだから~」

と言われる事が多く、次回は宮古のあたりまで行ってみようか。と帰りの車中で話しました。



余談ですが、次の日、マスクしなかった2人、完全に喉をやられました!私はまぶたの腫れと外耳炎 

も。対策があまくて、大反省。

慣れない浜風に吹かれたせいなのか、舞い上がる化学物質のせいなのか、線量高かった所の放射性物質

のせいなのか。。。(仮置き場でくっちゃべってたら口の中がジャリジャリしていた!がれきをナメたらいかんね)

せっかく「マスクをもって」と忠告してくれた仲間もいたのに。あーもうっ!


新聞をみると、秋田県の視察団、皆さんマスク無し。喉、大丈夫でしたか~?

 
次回はしっかりできる限り、対策して行きます!

皆さんもがれき見に行かれる方はマスク、耳あて、ゴーグル、カッパ、長靴、ですよ~















 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/128-321dfd2c

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。