スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
NHK総合 追跡!真相ファイル 低線量被ばく 揺らぐ国際基準
 
 
[2012/01/03 23:01]
 
 

日本政府、大阪府が言ってきた「科学的根拠に基づいた安全性」
この根拠は「科学的」ではなく「政治的」根拠だったらしい。。
笑えないブラックジョークでしょうか。
低線被ばくの実態を隠しきれないほどの事実がどんどん出てきてるようです。

「ガレキ」止めよう!「放射能拡散」やめよう!!




動画はコチラから

NHK総合 追跡!真相ファイル 夜10時55分~11時23分
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/index.html


12月28日(水)低線量被ばく 揺らぐ国際基準(仮)

“生涯100ミリシーベルトとされる被ばくの基準で、
本当に健康への影響はないのか?”
福島をはじめ、全国の人々が現実に直面している放射能の脅威。
国は「直ちに体への影響はない」と繰り返すばかりだ。
その拠り所としているのが、ICRP(=国際放射線防護委員会)の勧告。
広島・長崎の被爆者の調査データをベースに作られ、
事実上の国際的な安全基準となっている。

しかし関係者に取材を進めると、1980年代後半、
ICRPが「政治的な判断」で、
被ばくでガンになるリスクを
実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。
当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、
強い反発が寄せられていたのだ。
そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、
新たな報告や研究が相次いでいる。

アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、
周辺地域でガンが急増。
25年前のチェルノブイリ原発事故で、
大量の放射性セシウムが降り注いだスウェーデンでは、
ICRP基準を大きく上回るガンのリスクが報告されている。
いま、誰もが不安に感じている「低線量被ばく」による健康被害。
国際基準をつくるICRPの知られざる実態を追跡する。
室井佑月さん














 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
お力添え,どうぞ宜しくお願い致します。
【緊急】 九州地方,四国・中国・近畿・中部地方,
西日本地域内の各県・各市町村による
放射性物質・有害化学物質・放射能汚染瓦礫・
汚染物受け入れ,断固反対! の意をお願い致します

【各県の連絡先記載】

http://mimislifestyle.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

私達の最後の食の砦を死守しよう!

[2012/01/05 10:06] URL | LifeStyle-mimi #- [ 編集]

実態
この100mmsvに対して、厳格な科学的に根拠のある
ものではなかったのだろうと思います
ですが、日本には世界唯一の被爆国です。
原爆被害にあった記録が残っています
それを生かせれば、科学的な基準にはならないの
でしょうか?
生かせなかったICRPに様々な国との駆け引きで
何らかの政治的なものが
働いた可能性もいなめません。
原子力そのものの安全基準を揺るがすぐらい
ものなのかもしれない
[2012/01/07 18:17] URL | 大阪府民 #- [ 編集]


大阪府民さん

原爆の時のデータは、全てアメリカ側に持っていかれてしまい、詳細なデータは残っていないらしいです。

ですが、チェルノブイリのデータを調べてきた今中哲二教授などの本を参考にすると、被曝にしきい値が無いことがわかります。ほんの少しでも被曝はしないにこしたことはありません。特に胎児や子どもには。

ところが、そのチェルノブイリのデータでさえ、あちらの政府の手が加わっており、全てが正確では無いとの声もあります。参考までに。失礼いたしました。
[2012/01/08 22:32] URL | 内藤 #- [ 編集]

ありがとうございます
そうですかー。アメリカ政府側に持っていかれましたか。ですが、日本政府も情報を出していない
だけかもしれないですね。
アメリカ政府側に今回の事故のことで
どんどん情報を出していれば
様々な協力も早く出来たかもしれません
残念ですね。
[2012/01/09 04:21] URL | 大阪府民 #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/127-e0218349

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。