スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ガレキの受け入れに対しての私たちの考え
 
 
[2011/12/31 14:14]
 
 


最近、コメントの件数が少しずつ増えてきて、応援のメッセージが多い中、
批判的なご意見もいただいています。

一つ一つには答えられないものの、
私たちの基本的な考え方を書くべきだと思いました。


まず、大前提で考えなければいけないことは、
「放射能は怖い」
ということです。
そこを間違えると、すべての話が食い違ってしまいます。

そして、原発事故以降、政府が一貫してやってきた政策は、
放射能安全キャンペーンです。

「ただちに健康に影響はない」
という言葉、自然放射能、レントゲンや飛行機に乗った時の被ばく量と比較し、
「これくらいであれば問題はない」
ということを言い続けてきました。

本当でしょうか?

被ばくは比較するべきではなく、
足し算しないといけません。
もともとあった被ばくのリスクに、
事故由来の被ばく量がプラスされるのです。
しかもレントゲンや飛行機というのは、
自分でリスクをわかった上で、それでもメリットがあるために
選んで被ばくするのです。


日本政府はICRPの基準を採用し、
数値によりこれだけなら人体に影響はない
と言っていますが、それも間違いです。
影響がないのではなく、立証されていないのです。


あなたは、毒入りの食べ物を、「毒は少ししか入ってない」
という理由であなたの大切な人に食べさせますか?


じゃあなぜ国民の健康を守るべき政府が、
放射能安全キャンペーンにより
国民に被ばくを強いるのでしょうか?

原発を推進したいのです。
原発を推進することにより、
何かうまみがあるのでしょう。

そのためには放射能が危険なことを
国民が知ったら困るのです。

そもそもガレキの広域処理は、どうして始まったのでしょうか?
ほかの方法は検討されたのでしょうか?
反対する側に、対案を求めるよりも、
そもそも政府の物事の進め方に問題はないのでしょうか?

大阪府がガレキを受け入れることが、
本当に被災地支援になるのでしょうか?

大阪では被災地から遠くて、被災者の声は届きません。
一部の人たちの意見だけを受けて、
「被災地のために」なんて美談に騙されてないですか?

東京でガレキの受け入れをしている業者は、
東電の子会社です。
これってどういうことですか?
事故を起こした会社が、税金を使って金儲けをしてるんです。
これってどういうことですか?

そんなことの為に被災地の為になるかどうかわからないことで
あなたが、あなたの大切な人が被ばくさせられるかも
しれないのです。

一度汚染されてしまったら、除染には途方もない
労力と時間がかかります。
すべては循環しています。
どんな形で放射能が私たちの生活に入ってくるのか、
そんなことは検討会では検討されていないのです。

「放射能を、一般の焼却炉で燃やす」
これは世界でも例を見ない初めてのことです。
何が起こるかわかりません。
やりました。だめでした。では済みません。

美談に騙されてはいけません。
しっかりと考えて判断してください。












(りょ)








 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
転載させていただきました。すみません。
すみません。自分の知識や言葉では、伝えきれないので、この記事を「おかんとおとんの原発いらん宣言」さんの御紹介とともに自分のブログに転載させてただきました。
[2011/12/31 19:51] URL | 小太朗農園 #- [ 編集]

同意です
私もガレキ拡散を反対すると、自分の土地だけが助かればいいのか?という批判を何度も受けます。
そのたびに発言を取り消さなければならないかんじになってしまいます。本当に今までの政府による洗脳の深さには驚かされます。
でも、おっしゃるとおりで政府のやっていることは棄民政策だと思います。国民がこれに気づき、ちゃんと現実に目覚めて自分たちひとりひとりの意思で止めなければならないと思います。
[2012/01/01 15:59] URL | 3mm #TlAtPHGI [ 編集]

今日は
今日、放射能瓦礫受け入れ反対を言ったら、あんた北朝鮮人やろ?そんな可哀相な事口が裂けても言われへんわ。放射能はちょっとくらい浴びたって何の問題もない。と言われました。
完全に政府東電に洗脳されてる人に、危険デマに騙された可哀相な人と言われました。f^_^;。
チェルノブイリは危険でフクシマは安全。もう何の根拠もなく放射能は安全だと洗脳されている人が国家政策として増やされています。
立ち向かうのは至難の技かも知れないですが、子供達、日本、地球の未来の為に頑張りましょうね!
[2012/01/05 04:11] URL | 放射能受け入れ反対 #- [ 編集]

よくわからない答え
確かに放射能は目に見えないものなので、原発事故の影響で、大量の放射能が飛び散りましたが、
宮城や岩手の全域に広まった訳ではないですよね?
広まっていない所のガレキの処理を大阪が協力してはいけないんですか?
検査して、汚染が確認できなければ
どんどん協力するべきだと思いますが・・・・・
原子力行政(推進)とガレキ処理の問題を一緒に
考えるべき問題ではないですよ
東京のガレキを処理しているのは東電の子会社なんですか?
根拠のある記事を書いてください。
後、政府の体質が悪い所もありますが、
ただ反対ばかりではなく新しい案を考え
環境省やマスコミ向けに発表しようとは
思わないんですか?
効果があるとおもいますけどね・・・・
[2012/01/07 17:39] URL | 大阪府民 #- [ 編集]

東京のガレキ受け入れ業者
東京でガレキ受け入れをしているのは東京リサイクルパワーという会社です。
http://www.tgn.or.jp/tokyorp/index.html
ホームページみたらわかります。東京電力グループのマークがしっかりとありますよ。

ガレキに放射能は入ってます。府の指針にも被曝量が書いてありますよ。計算通りのものが来るのかもわからず、環境に出たものがどんな形で循環し、生活の中に入ってくるかもわかりません。
大阪府民さん、反対派に根拠や対案を求めるなら、放射能が安全であるという科学的根拠を示して下さい。
少しだけなら人体に影響がないという科学的根拠を示して下さい。
[2012/01/08 06:02] URL | りん #- [ 編集]

わからない(↑のひとへ)
確かに東電が出資しるゴミ処理会社はありますね。
ですが、産業廃棄物と医療廃棄物の処理を
しているみたいです。
この日記からすると、東京臨海リサイクルパワーだけが一括してがれき処理しているように受け止めれ
ます。東京都の処理業者を見てみると、この業者は可燃性ゴミの焼却をいってに引き受けているだけで、後のゴミは他の業者も処理してますよ
後、放射能の被爆のことですが、
そもそも人間が自然界で生きているだけで、
放射線を浴びるんですよ。
自然界レベルの放射線でも、ガレキを引き受けるなと言うのですか?
放射線0なんて存在しませんよ
福島県の原発近くの地域のゴミは線量が高すぎですし、引き受けは不可能だし、危険があるとおもいます。ですが、岩手・宮城県のごみで放射線が自然界レベルの1mmsvなら、いいと思いますけどね
後、政府の体質やスピード感が悪い所も
ありますが、 ただ反対ばかりではなく
新しい案や革新的な技術で処理をする案を
環境省やマスコミ向けに発表しようとは
思わないんですか?
効果があるとおもいますけどね・・・・

[2012/01/09 04:16] URL | 大阪府民 #- [ 編集]


反対だけならバカでもできる。

福島で出た瓦礫はどうするべきだとお考えですか?
[2012/01/11 06:47] URL | 大阪のおとん #- [ 編集]


↑国家の犬がチョロチョロ出て来ましたね~。
沢山の放射能を浴びて下さい。
[2012/01/11 20:20] URL | #- [ 編集]


大阪府が発表した受け入れ指針を作る検討会議の時に委員の一人が大阪府で受け入れたら最悪の場合全府民880万人の内88人が致死性の癌になる可能性があると言ってましたね。
受け入れに賛成してる人達は癌で死ぬ覚悟はできてるんでしょうか?
またICRPも被曝をさせる時には被曝のデメリットを上回るメリットがないといけないといっています。
例えばレントゲン撮影では被曝しますが、病気の検査ができるというメリットがあります。
このように被曝のデメリットを上回るメリットも無しに人々を被曝させてはいけないのです。
あと、1ミリシーベルト以下の被曝ならばいいのではと書いてるかたがいましたが大阪府の指針では埋め立て作業員の被曝量は外部被曝だけで0.89ミリですが作業員は食事も呼吸もしないのですか?
全ての被曝要素を足していけば1ミリを超えてしまいますよ。
[2012/01/12 22:47] URL | ライデン #- [ 編集]


「被災地の人のことを考えて、ガレキを受け入れよう。放射能を分かち合おう」なんてまっぴらごめんですね、薄情者、非国民と言われようとも!
ガレキ受け入れるだなんて、こんな愚かなことをしてしまったら、回り回って被災者に対しても、将来の人々に対しても無責任なことになります。
今を生きる私たちは、すでに取り返しのつかない過ちを犯しました。もうこれ以上の過ちを繰り返してはならないのです。
この宣言、転載させていただきました。
[2012/01/22 15:39] URL | どんぐり #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/125-708f27c6

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。