スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
7.31は子どもを連れてゆこう! その②
 
 
[2011/07/15 23:41]
 
 
以前も告知しましたが、7月31日にサウンドデモがあります!!
デモのコースや、場所、時間は以前の告知から変更がありましたのでご注意下さい。
詳細はhttp://osaka-antinukes.tumblr.com/

今回のデモは。暑すぎる夏の日!
「それでも子ども連れでデモへ行こう!行きたい!!」
と思えるように仲間と色々考えてます。
お子さんは水に濡れてもよい服装、または着替えを持参して参加してください!!
子どもプールしたいなあーと思って頑張っております。
サウンドデモでは子ども隊を結成予定です。

ちなみに、今現在、サウンドデモ主催のMLに参加している
おかん・おとんはうちのみです(泣)。
相談乗ってくれる仲間や協力してくれそうなおかん・おとんは
ぽつぽつ出てきていますし、独身の仲間も皆とても協力的です。
が!やはり子ども連れデモを一緒にしたいっていうおかん友達・おとん友達
がもっともっとたくさん欲しいです!!
その方が子連れで行きやすいデモってどんなん!?って意見も聞けるし、
一緒にデモを作ってゆけると思うからです!!
というわけで皆様、「子ども連れて行きたい!!」と思うデモを一緒に作りましょう!!


ちなみに。
今まで出た子どもデモ企画・アイデア掲載します。
(まだアイデアだけだけど、見てるだけで楽しいでしょ?)

●集会時に子どもブースを作る(今回はプール)。
●子どもドラムサークルを作る。※ドラムサークルの説明は後ほど。
●パラバルーンを作る。※提案者が近々紹介文・絵を書いてくれるので、追って掲載します。
●小学生チームを作る(小学生以下の小さい子を引っ張って歩いてもらう)。
●子どもが喜ぶアイテムを準備。例:)アイス、ジュース、しゃぼん玉、水鉄砲、etc.


※ドラムサークルについて。
これは、私の提案ですので説明させてもらいます。
東京の知人でドラムサークルをやっている人のワークショップを一度受けたこと
があります。それがとても楽しかったんです!!
以下、その知人のブログより引用します。
また、ドラムサークルの映像はhttp://www.youtube.com/watch?v=UIjN5N-619A

『イルコモンズのふた。』より引用です。
(かなり長文だったので一部省略。)

【参考資料】 ドラムサークルの解説

<ドラムサークルとは?>
世界各国のドラムやパーカッション楽器を使い、文字どおり輪(サークル)
になって即興音楽を楽しむ参加型の即興音楽演奏。
年齢・楽器経験・身体自由度等に関わらず、また特定の文化のドラミングではなく
「その時の、その参加者によるユニバーサルなグルーヴ」を作り出すドラムサークルは、
今までにない新しい体験の時間です。一般 的には「ファシリテーター」と呼ばれる
「案内役」が全体をまとめますが、主役は参加者ひとりひとりです。

<どんなルールがあるの?>
ドラムサークルは、自由なコミュニケーションセッションです。
特定の(例えばジェンベやコンガ)ドラミングを「習う」場ではなく、
ドラムやリズム楽器を通してより円滑なコミュニケーションを行うことを
一番の目的としているのです。また、ドラムやパーカッション楽器の他にも、
ことばや叫び声(!?)や踊り、または体を叩く行為(ボディーパーカッション)
も立派なリズム。気分が向けばそうしたリズム表現を行ってもかまいません。
ドラムサークルにルールがあるとすれば、下のニ点だと考えます。

(1) ひとり一人は違っても一緒に何かをすることは可能だ、
そしてそれぞれの人が全体の欠かせない一部だと気付くこと。
ドラムサークルでは、ひとり一人が違う楽器を持って
(=違う「言語」を持って)自分自身の「おしゃべり」を行います。
意見を言うのが好きな人、引っ込み思案の人、ハーモニーを楽しむ人、
いろいろと「音の実験」をするのを好む人・・・人の性格はさまざまです。
また、同じ人でも、その日の気分によって「言いたいこと」
やそれを表現する態度には違いがあるかもしれません。
そうした違いを認めながら、同時に全員が「発言」し、調和(=音楽)を生み出し、
ひとつのことを皆で作り上げるのが、ドラムサークルです。
地球上にはさまざまな人が暮らしていますが、こうして年齢・性別
・身体自由度・文化・言語を越えて、一緒に何かをする時間を
持つことは可能なのです。

(2) 人の「話」をよく聴くこと。上のことを達成するには、
他の参加者の「話」=「リズム」に耳を傾けることが大切です。
他者のリズムをよく聴くことによってはじめて、
深いコミュニケーションが達成されます。
(「今日はコミュニケーションしたくない気分なんだ!」というのも、
立派なひとつの意見です。そういう時はそれをリズムで「発言」しましょう!?)


<目的は?>
・自己表現
・エンパワーメント(自分の内なる能力に気づく)
・ドラムを叩いてみたい
・ストレス発散・リラグゼーション
・コミュニケーション能力の向上
・一体感を感じる


http://www2.gol.com/users/teranga/dc-text.htmlより






 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント:
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント:投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
トラックバック
 
 
トラックバック URL
→http://okaton.blog.fc2.com/tb.php/11-ceb8d501

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。