スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
2月18日汚染がれき広域処理計画についての住民説明会@堺市 報告
 
 
[2012/04/29 01:09]
 
 
2月18日に堺市で開催した汚染がれき広域処理計画についての・住民による住民のための住民説明会”、
おかとんメンバーが報告した、大阪府のがれき処理指針の問題点と堺市東クリーンセンターの見学報告を書き起こししました。


堺市東クリーンセンターの職員さんの言葉
”放射性廃棄物は一般廃棄物ではない。ここは一般廃棄物だけを燃やす施設。そもそも放射性廃棄物を燃やすことは全く想定してつくられておらず、何が起こるかわからない。ここにないはずの放射能は、はかる対象ではない。アスベストも通常ならば産業廃棄物なので、ここには一切入ってこないはずなので、はからない。”

”ここは、一般ごみの焼却場なので、放射能対策なんか一切しておりません。もし被曝がいやだという職員がいても、組織だから上には逆らえない。すべて堺市長次第。もしクリーンセンターの所長が反対しても、その所長を変えるだけ。労働組合もあるが、実際に線量が高くならないと動けない”
(書き起こしより一部抜粋)


”復興はオールジャパンで”といった言葉で、全国で受け入れ・焼却処理が進められようとしていますが、
やはり安全性についての十分な検証をぶっ飛ばしてはいけないと私たちは思います。

全文はこちらから

住民説明会@堺市1-大阪府処理指針の問題点

住民説明会@堺市2-堺東クリーンセンター見学

スポンサーサイト
 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。