スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
2月18日汚染がれき広域処理計画についての住民説明会@堺市 報告
 
 
[2012/04/29 01:09]
 
 
2月18日に堺市で開催した汚染がれき広域処理計画についての・住民による住民のための住民説明会”、
おかとんメンバーが報告した、大阪府のがれき処理指針の問題点と堺市東クリーンセンターの見学報告を書き起こししました。


堺市東クリーンセンターの職員さんの言葉
”放射性廃棄物は一般廃棄物ではない。ここは一般廃棄物だけを燃やす施設。そもそも放射性廃棄物を燃やすことは全く想定してつくられておらず、何が起こるかわからない。ここにないはずの放射能は、はかる対象ではない。アスベストも通常ならば産業廃棄物なので、ここには一切入ってこないはずなので、はからない。”

”ここは、一般ごみの焼却場なので、放射能対策なんか一切しておりません。もし被曝がいやだという職員がいても、組織だから上には逆らえない。すべて堺市長次第。もしクリーンセンターの所長が反対しても、その所長を変えるだけ。労働組合もあるが、実際に線量が高くならないと動けない”
(書き起こしより一部抜粋)


”復興はオールジャパンで”といった言葉で、全国で受け入れ・焼却処理が進められようとしていますが、
やはり安全性についての十分な検証をぶっ飛ばしてはいけないと私たちは思います。

全文はこちらから

住民説明会@堺市1-大阪府処理指針の問題点

住民説明会@堺市2-堺東クリーンセンター見学

スポンサーサイト
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【転載です】 「セシウム反対母の会」の方が岩手県のがれきを視察した様子
 
 
[2012/01/09 11:25]
 
 



秋田県内で活動されている、
「セシウム反対母の会」の方が、
岩手県のがれきを視察した様子を、
ブログに掲載しています。

岩手県の瓦礫視察 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11108774588.html
視察2 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11109845394.html
視察3 http://ameblo.jp/hahadesukara/entry-11110893575.html


本文は長いので、まとめだけ以下に転載させていただきます

---------
まとめ

・ あれから9ヶ月も経っている事もあり、きれいに分別整理されている

・ 今回見た沿岸北部では、人通りがないような生活圏外にがれきがあった

・ 地元の業者さんは自分とこで処理したいらしい

・ 同じ仮置き場内でも数値に大きくバラつきがある。丁寧な検査が必要

・ 秋田に持って来られたくないような物は、岩手にだってないほうがいい
 (秋田に持ってきてもいいような物は、地元の雇用につなげてほしい)
 

・ 市町村で他の方法がいいのではと思っていても、国の方針(法)がそうさせない
 (震災後、特例まみれなんだから、これこそ特例でなんとでもなるじゃん)
  
・ 「がれき」とひとまとめにせず、場所、内容、状態、線量などで方法を変えるべき

・ なぜ県は1メートル以上近づいて計測しないのか。県内の計測は1cmからしてるのに

・ 防波堤の有無が被害の大小を決めた。防波堤は絶対に作るべき
(ナナブログに紹介している青木さんのやつとかメチャいいじゃん。久慈市にも提案してきましたよ)

・ 市も本当は、なるべく自分達で処理したいと思っている



今回、岩手県沿岸北部の視察をしたのは、秋田が受け入れる事になった時の搬出先を見たかったのと

「現地見てないくせに反対とか言えるんですか」的なご意見に「それもそーだな」と思ったから。

ただ、今回お話が聞けた方々が

「南に行くともっと凄いよ~。この辺は、まだ被害が少なかったんだから~」

と言われる事が多く、次回は宮古のあたりまで行ってみようか。と帰りの車中で話しました。



余談ですが、次の日、マスクしなかった2人、完全に喉をやられました!私はまぶたの腫れと外耳炎 

も。対策があまくて、大反省。

慣れない浜風に吹かれたせいなのか、舞い上がる化学物質のせいなのか、線量高かった所の放射性物質

のせいなのか。。。(仮置き場でくっちゃべってたら口の中がジャリジャリしていた!がれきをナメたらいかんね)

せっかく「マスクをもって」と忠告してくれた仲間もいたのに。あーもうっ!


新聞をみると、秋田県の視察団、皆さんマスク無し。喉、大丈夫でしたか~?

 
次回はしっかりできる限り、対策して行きます!

皆さんもがれき見に行かれる方はマスク、耳あて、ゴーグル、カッパ、長靴、ですよ~















 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
NHK総合 追跡!真相ファイル 低線量被ばく 揺らぐ国際基準
 
 
[2012/01/03 23:01]
 
 

日本政府、大阪府が言ってきた「科学的根拠に基づいた安全性」
この根拠は「科学的」ではなく「政治的」根拠だったらしい。。
笑えないブラックジョークでしょうか。
低線被ばくの実態を隠しきれないほどの事実がどんどん出てきてるようです。

「ガレキ」止めよう!「放射能拡散」やめよう!!




動画はコチラから

NHK総合 追跡!真相ファイル 夜10時55分~11時23分
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/index.html


12月28日(水)低線量被ばく 揺らぐ国際基準(仮)

“生涯100ミリシーベルトとされる被ばくの基準で、
本当に健康への影響はないのか?”
福島をはじめ、全国の人々が現実に直面している放射能の脅威。
国は「直ちに体への影響はない」と繰り返すばかりだ。
その拠り所としているのが、ICRP(=国際放射線防護委員会)の勧告。
広島・長崎の被爆者の調査データをベースに作られ、
事実上の国際的な安全基準となっている。

しかし関係者に取材を進めると、1980年代後半、
ICRPが「政治的な判断」で、
被ばくでガンになるリスクを
実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。
当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、
強い反発が寄せられていたのだ。
そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、
新たな報告や研究が相次いでいる。

アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、
周辺地域でガンが急増。
25年前のチェルノブイリ原発事故で、
大量の放射性セシウムが降り注いだスウェーデンでは、
ICRP基準を大きく上回るガンのリスクが報告されている。
いま、誰もが不安に感じている「低線量被ばく」による健康被害。
国際基準をつくるICRPの知られざる実態を追跡する。
室井佑月さん














 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ガンダーセン博士 8月21日 がれき焼却で汚染拡大
 
 
[2011/08/31 11:17]
 
 

見てください。
拡散してください。


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「このままでは福島、北日本は使えない土地になる」
 
 
[2011/08/10 12:13]
 
 

「このままでは福島、北日本は使えない土地になる」
by
ECRR(欧州放射線リスク委員会)
の科学議長、クリストファーバスビー氏


首都圏の土壌検査結果が発表されました。

http://www.radiationdefense.jp/investigation

http://savechild.net/archives/6690.html

都内がかなり汚染されていることを裏付けた衝撃の報告です。
この報告がニュースになってないことも衝撃です。


これを受け、もう一度、バスビー氏のインタビューを
おさらいしてみましょう。。。

衝撃の三重奏です。。

全てがそれとなく想像していたこと。
なんとなくわかっていたことが
数字で裏付けられ、科学者の発言として聞くことによって、
こんなにも大きな衝撃になるんですね。
びっくり。。。



http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-758.html
から抜粋です。。。
↑全文ここから読んでください↑

クリストファー・バズビー氏のインタビュー


いつもと
変わらない街の様子。
でも、
そこにある放射性物質は
人を殺すでしょう。


放射性物質は見えないのです。

実際には、
マイクロシーベルトという放射線率には関係なく、
放射線を出す物質が空中に舞っていて、
体に入ることが問題なのです。


郡山での裁判に呼ばれたとしたら、
専門家の証人として、
証言をしたり報告書を書くのは喜んでしますが、
来日はせずビデオで証言します。

なぜなら、放射線量が高すぎて私自身怖いからです。

100キロ圏内に行きたくありませんし、100キロ圏外でも心配です。
私は会津若松に行きましたが、土壌が非常に汚染されていました。

持参した機器で計測した値は想像以上で衝撃的でした。

それを知っていると、近くには行きたくなくなります。

チェルノブイリに行ったために、多くの同僚が死にました。


*******


日本政府は
犯罪的(criminalという言葉をはっきり言っています)
誤っていると感じています。
子供ですら汚染の高い地域から避難させていないのですから。

政府は個人が集まった組織です。
そして、組織の個々人が決定します。

誤った決定なのに、それに従って行動するようなことが、
過去には戦争犯罪などで同じようなことがありました。
第二次世界大戦では、
ヒトラーが政府として多くのユダヤ人を強制収容所のガス室に送りました。

政府として行ったことですが、最終的には個人個人に責任があります。

これらは戦争犯罪です。

今は平時ですが、戦争犯罪と同じと考えられます。
これらの人々は個人として責任があり、名前も指摘できるわけです。

彼らは最終的に何らかの裁判にかけられ、刑務所に入ることになると思います。

インタビュー
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-758.html







 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。