スポンサーサイト
 
 
[--/--/-- --:--]
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
あきらめへんで!6.30@大飯
 
 
[2012/06/26 03:14]
 
 
勝手に再稼働しますやなんて、
何言うてんねん!あきらめへんで!
私たちも行きます!

OCCUPY!大飯!!


オキュパイ大飯

6月30日、おおい町テント村の人口を1万人にする!!

●STOP原発再稼働!6・30おおい集会13時~15時
●集会後デモ
●テント村音楽ライブイベント

制御棒が抜かれると報道されている7月1日を前に、多くの人がおおい町に結集しましょう。
すでに、全国からの若者が、続々とテント村に集まっています。
30日より居残りでテント村に泊まって下さる方も歓迎します。

場所:おおい町総合運動公園(北端)
アクセス
電車:JR小浜線「若狭本郷」より、徒歩5分
(東京からは新幹線「ひかり」経由で約5時間)
バス:例、大阪から「若狭ライナー」若狭本郷駅直通「若狭本郷駅」まで片道3200円、3時間弱。(→わかさライナー号」の高速バス時刻表)
車:小浜西ICから丹後街道/国道27号線-県道1号線(車歓迎!)




スポンサーサイト
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
原発200km圏内の母子家庭避難希望者に支援金14万4千円!!
 
 
[2012/02/04 14:43]
 
 

転載です

=====



奇跡が起きました。

見ず知らずの方から「500万円」ものご寄付をいただきました。

滞在支援は終わりますが、この資金で【未来地球こども基金】として移住支援金14万4千円をご提供いたします!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

★ 未来の地球の宝を守りたい ★
== 移住支援プロジェクト ==

・原発の廃炉に40年ほどかかる試算。
・地震の確率が高まっている学術的予測。

もはや「保養」ではなく、「移住」に向かうとき!

子供を守る為に、そう感じているお母さんをサポートしたい!

↓ ↓ ↓ ↓

【未来地球こども基金】

◇基金から144,000円を提供!(500万円で34家族の支援)

・飛行機代   100,000万円
・引越し代補助  44,000万円

◇対象は、原発200キロ圏内の、母子家庭!

◇提供条件は、大震災をひとつの大きなキッカケとして、生き方そのものを
新しく模索をはじめて、リセットして未来の地球に向かいたいと思う方!

◇支援がきまった家の子供に「地球の絵」を描いてもらい、HPに掲載!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●ブログ:
 http://tsunaguhikari.ti-da.net/e3780790.html

ご賛同くださります方は、この情報の拡散にご協力くださいませ。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞











 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
12月26日、がれきを阻止!大阪府へデモと要請行動
 
 
[2011/12/25 14:14]
 
 
自分の要望書を府知事に渡しに行こう。

12月26日

10:00 エル大阪で集会。
10:30 府庁へ向けてデモ出発。
    大阪府庁要請。

移動

15:00 関電を人間の鎖でつなぎます。



主宰:北摂の会 小山

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


預かった要望書その①



Nuclear Information & Resource Service 原子力の情報と資料サービス
アメリカ合衆国メリーランド州
www.nirs.org
松井一郎大阪府知事様。

大阪の尊敬されるべき母親たちを思いこの手紙を送ります。

原子力の情報と資料サービス (NIRS)は、原子力世代に衝撃を受けながら、アメリカ合衆国で地域住民に奉仕して30年になります。私たちの提携しているエネルギーの世界情報サービスは世界各地に事務所をもっており、広島県にもあります。

まずは府知事当選おめでとうございます。そしてあなたの在職期間の中で最も重大な決断をするのに、ぜひお手伝いをさせてください。被災地からの放射能汚染された瓦礫を焼却するために大阪に持ち込むのかどうかという決断です。焼却処理をすると否応なくあなたの管轄区域に放射能汚染は放出され拡散されます。この瓦礫を焼却すると放射能物質があなたの吸う空気の中に放出されます。空気中の放射性物質は地面、水に落ちて付着します。それが故、もちろん食べ物にも取り込まれます。焼却処理では放射性物質は全くもってなくなりません。空気中に放出されなかった放射性物質は残留物の中に残り普通のゴミとして廃棄されるのです。これらの物質はとても長い間、危険物として扱われるべきです。

人々の健康を守る事以上に大切なことなどあるのでしょうか? 子どもと女性は特にです。2011年, 原子力の情報と資料サービス (NIRS)は、女性への放射能の被ばくからの健康被害についての短論文を発表しました(添付)。誰にとっても、たとえ値が低くても、被ばくに安全な値など存在しません。男性は、空気呼吸、食品や水の摂取による低濃度放射線によって細胞損傷を受け易いです。しかし、女性はそれと同じレベルの被ばくにより、1.5倍、病気、死がおこりやすいのです。これは、食料、水によってたくさんの人が被ばくした時、2人の男性が癌になる場合、3人の女性が癌になるということです。放射線のよる汚染が広がり、2人の男性が放射能誘発癌により死亡する場合、3人の女性が死ぬということです。NIRSは、添付の資料にてこの情報源と十分な証拠を議論しています。参照ください。

どうかこのメッセージに留意してください。この問題に対する唯一の解決法は、「予防」です。どうか岩手県の瓦礫焼却を拒否してください。

そして、さらなる行動をお願いします。瓦礫焼却に反対する他県の知事の方々とともに、日本政府を新しい方向へ導かなくてはいけません。福島原発の放射能をかぶっている瓦礫に関しては、まずは燃やさずとどめておくことが唯一できることなのです。日本に下記の認識を広めるよう、ご協力お願いします。放射能をばらまいて薄めようという試みは、健康リスクを低めるものではありません。それどころか、放射能というものは低い値でも安全な値など存在しないのですから、放射性物質を拡散する事は人々をより危険にさらすことになります。そして、リスクは女性と子供に高いのです。

この問題を、論理的だけでなく、心情的にもご検討いただき、まことにありがとうございます。お忙しいところを考察していただきありがとうございます。私達は、大阪の人々にかわり、健康と福祉を第一に政策を講じていただけますよう切にお願いします。もっとも被害を受け易い人々は、かれらのために行動するリーダーを持つに値するのです。

更なる情報が必要な場合は、NIRSはすぐにお手伝いいたします。「原子放射線:女性により危険」という NIRSの報告書を添付いたしました。お役に立てば幸いです。

敬具

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
11月12日(土)街頭署名@梅田 活動報告+11月20日汚染瓦礫受け入れ反対デモやります!
 
 
[2011/11/13 11:48]
 
 
P1100261_convert_20111113114107.jpg


街頭署名@梅田へ行ってきました。
署名活動参加者、23名!
300筆集まりました。
小さい子を背たらいながら、頑張って署名を集めるお母さん達の姿が印象的でした。
P1100275_convert_20111113114528.jpg
P1100270_convert_20111113114804.jpg



みんなで
「汚染瓦礫受け入れ反対の署名お願いしまーす!」
と呼びかけながら、ビラ配りをしました。

すると、60代くらい?のおっちゃんがこちらにスタスタ歩いてきました。
訛った言葉で一言。

「俺は、福島出身なんだ。風評被害だよ。」と。

おっちゃんは、ものすごく悲しい表情で、怒りを露わにして私にそう言いました。

あまりの重苦しい空気に私は返す言葉が見つからず、
ためらいながら「あの、でも」と返そうとすると、おっちゃんは人ごみの中に歩いていきました。
胸が締め付けられる思いになり、私はしばらく茫然としてしまいました。

私は帰りも、ずっとそのことを考えていました。
おっちゃんも、苦しいやろな。
私だって、福島におばあちゃんがいるし、ひ孫の顔を見せてやりたい。

だけどね、おっちゃん。
子どものこと考えると、やっぱり簡単に福島へは行かれへんと思う。
その現実を受け止めて、何とかやっていくしかないと思う。

だから、やっぱり私は「汚染瓦礫受け入れ反対!」と言うのをやめません。
たとえ、おっちゃんのような人が何人現れようと、
ためらいながらも説明したいと思います。

たとえ言葉がうまく出てこなくても、たとえ私の言葉がその人たちに届かなくても、
言い続け、説明し続けたいと思います。
子どもたちを守りたいし、これ以上、放射能汚染を拡散させたくない。

私たちは、汚染された土地の人たちを、見捨てようとしているわけではありません。
それをしようとしているのは、日本政府であり東京電力です。
「痛みを分かち合おう」と言った偽善者たちの言葉にダマされず、
放射能を作ってしまったこの世の中で、
庶民が助け合って生きていくために、
どうしていったらいいのか一緒に考えましょう。

わたしは汚染瓦礫の拡散に反対します。

(の)


▼告知

11月20日(日)に「汚染瓦礫受け入れ反対」デモ急遽やります!


『ええかげんにせえよ! 原発、汚染瓦礫いらん!! デモ!!!(仮)』

2011.11.20(日)

13:00頃より集会開始予定!!14:50デモ出発

大阪市西区 靭公園

詳細は以下から
http://1120antinukes.tumblr.com/







 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
【拡散お願い】24時間緊急署名 =ベトナムへの原発輸出
 
 
[2011/10/30 22:21]
 
 

転載します
-------------------------------

みなさま

FoE Japanの満田です。
緊急事態です。明日、原発輸出に関する日越政府合意が発表されそうです。
この状況を見過ごすことはできません。
24時間・緊急署名にご協力ください。メールで、ブログで、ツイッターで拡散
してください。締め切りは、明日の正午までです。よろしくお願いします!

==============拡散希望!=====================
【24時間・緊急署名】
私たちは、原発輸出を促進する日越合意に反対します
輸出すべきは、福島の経験であり、命を脅かす原発ではありません
http://goo.gl/td0KY
(どちらからでも署名できます)
署名フォーム1:http://goo.gl/GGBNL
署名フォーム2:https://pro.form-mailer.jp/fms/356a455e23405
締め切り:10月31日正午まで
---------------------------------------------
福島の原発事故は未だ収束せず、日本の大地、自然、海にいまも放射能物質が降
り注いでいます。福島をはじめとして、多くの人達が、放射能汚染の危機にさら
され、生活を破壊され、苦しんでいます。事故の原因さえ、究明されていません。

そんな中、原発輸出をまた一歩前進させる日越政府合意が行われようとしています。

現在、ベトナムでは、日本の税金によってニントゥアン省の原発建設に向けた実
行可能性調査が実施されています。しかしこの調査の結果は、ベトナムの住民や
日本の納税者に公開される保証もありません。

ベトナムの建設予定地は、風光明媚な自然が広がり、住民たちは漁業や農業、観
光などでくらしをたてています。原発建設はこのような住民の生活を脅かすもの
です。

さらにひとたび事故が起これば、放射能汚染はタイ、カンボジア、ラオスなどの
ベトナムの近隣国にも広がります。ベトナム政府は、自国民に対する説明責任を
果たしていないのと同様、これらの国々の住民にも一切の説明責任を果たしてい
ません。

私たち、経済産業省前に集った北海道から九州までの女たち、そして原発輸出に
懸念を有する市民たちは、日本政府の原発輸出に強く反対します。輸出すべきは、
福島の痛みによって得られた貴重な経験であり、断じて原発ではありません。

以上を踏まえ、私たちは日越両政府に対して、以下を要請します。

・日本政府は、原発輸出を行わない方針を明確に打ち出すこと
・日本政府は、原発輸出に向け、これ以上無駄な税金を使わないこと
・日越両政府は、現在実施されている実行可能性調査を打ち切ること。
・日越両政府は、ベトナム国民、ベトナム近隣国の住民に対する説明責任を果たすこと。

以上

呼びかけ団体:原発いらない全国の女たちアクション

--
満田夏花 MITSUTA Kanna
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan/tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
--------------------------------------------------------
★【署名】渡利の子どもたちを守ろう!
http://www.foejapan.org/energy/news/111007.html
--------------------------------------------------------







 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。